2007年03月09日

偕楽園の梅見

食事をした店が水戸駅と偕楽園とほぼ等距離の場所のようだったので、そのまま歩いて偕楽園へ向かうことにしました。
県庁所在地の主要駅から延びる道なのに車の少ないこと…。15分ほどで到着。

大日本史の碑.jpg

陸橋から偕楽園に渡ってすぐのところに大日本史完成の碑が。
それほど大きくはなく、陰に隠れていて知らないと見逃してしまいそうです。

偕楽園常盤神社.jpg

まずは常磐神社に参拝。ここには水戸黄門の名前で知られる徳川光圀と偕楽園を造成した徳川斉昭の二人が祀られています。

お守り、というか印籠型のアクセサリ?1,000円で購入。

偕楽園猿回し.jpg

境内で猿回しが。最後の方を少し観られただけでしたが。
4mもある竹馬に猿が乗っていました。お見事。

〜〜

東門から偕楽園庭園内に入り、ゆっくり見物。
梅は満開。どちらをみても梅です。

まずはまっすぐ好文亭へ。

好文亭1.jpg

偕楽園は入場無料ですが、好文亭の内部を見学する場合だけは有料(190円)です。

好文亭は簡単に言えば休憩所です。
藩主・藩主の奥方・護衛やお付きの人々の部屋の他、領民が入ることを許された部屋もありました。

『桜の間』『菊の間』などと名前がつけられた奥方や女中達の間の襖には、その名前に因んだ花や樹木の絵が描かれています。いずれも見事なものばかりですが全体として必要以上のきらびやかさはなく、また藩主の間は竹の飾り柱があるだけの質素な作り。斉昭公の人柄なのでしょうか。

好文亭2.jpg

面白い設備がありました。
好文亭は3階建てなのですが、最上階まで膳などを運ぶ手間を省くための一種のリフトです。これも斉昭公の発案のようです。

〜〜

吐玉泉.jpg

杉林を抜けて坂を下っていくと吐玉泉です。
大理石で湧き水を噴水状にしてあります。

太郎杉.jpg

すぐそばの太郎杉はみごとな幹。
杉林・竹林も見事。梅に比べて地味なせいか、ほとんど通る人もおらず閑散としています。

竹林を抜けてまた梅園にもどり散策。

偕楽園・梅園1.jpg

常磐線の線路の北側の高台の上・江戸時代に造園された偕楽園本園だけで3000本。どちらを向いても梅の花。白、薄紅、ピンク、様々な色と形。

偕楽園・おもいのまま.jpg

椿?かと思いましたが、これも梅の一種。
『おもいのまま』という品種だそうです。枝ごとに色の違う花をつけることがあるためこの名が付いたとか。

最後に梅ソフトクリームを食べて、おしまい。
タグ:水戸 茨城県
posted by MAX CARTER at 14:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 庭園・公園
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
・サイズの大きな写真は複数の写真を並べて合成したものなので、接続部で色合いが違う・わずかなズレが生じている・全体的に湾曲していることがあります。
・このブログは個人が旅行・見学の感想を書いているものであり、記事中に登場する各施設の公式なコンテンツではないことはもちろん、記事中に明記されていない限り各施設を運営する団体・職員とも一切関係ありません。
・価格、所要時間、展示内容その他記事中で紹介されている事項は変更されている場合もあります。必ず各施設の公式サイト等でご確認の上、お出かけください。
・本ブログ記事の情報を利用したことにより直接的あるいは間接的な損害が発生したとしても、当ブログ著者・サイト管理者は一切責任を負いません。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。