2007年06月24日

筑波宇宙センター

昼食後は宇宙センターへむかいます。
手元の観光ガイドにはタクシー利用と書かれていましたが路線バスが30分に1本ほどありました。交通費節約。

バスを待っている間に雨がぽつりぽつりと降り始めました。
現着する頃にはかなり本格的な降りに。

つくば宇宙センターH2A.jpg

ゲートをくぐってすぐ目の前には H2Aの実物大模型が横たわっています。

もしかして模型じゃなくて本物かも??

アメリカやロシア(というか旧ソ連)に比べて地味な印象のある日本の国産ロケットですが、間近で見ると相当な迫力です。

受付で見学者ワッペンを受け取り見学開始。
このワッペン、または関係者の身分証明書がないと、警備員に捕まります(笑)

(いつか見学した自衛隊基地より厳しい気が)

事前にツアー見学の予約をすれば自由見学よりも広い範囲が見られるそうです。…次は予約してから来よう。

展示棟には日本が開発した人工衛星が多数並べられています。展示品の一部は模型ではなく本物の試作品、つまり電源を入れれば実際に動作するものだそうです。

つくば宇宙センター「きぼう」内部.jpg

そしてここの目玉は、国際宇宙ステーションの日本の実験モジュール、『きぼう』の実物大模型です。与圧部の中に入ることが出来ます。もちろん各種装置は模型ですが、モニターで解説ビデオを見ることが出来ます。

売店には宇宙をモチーフにした本や玩具がたくさん。
一般の書店や玩具店では見かけないのだけど、、、今の子供はこういうのを見たり触ったりしないのかな。
記念品を何点か購入。

宇宙に興味のある人なら一度は行ってみると良いと思います。
ちょっと交通の便は悪いけど。



ガイドブックに交通が書いていなかったのでメモ。

【筑波宇宙センター】
http://www.jaxa.jp/visit/tsukuba/index_j.html
つくば駅より『荒川沖駅』行きバス、『物質研究所』下車すぐ
バスは30分に1本くらい、所要時間10分程度、190円




posted by MAX CARTER at 14:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 博物館
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
・サイズの大きな写真は複数の写真を並べて合成したものなので、接続部で色合いが違う・わずかなズレが生じている・全体的に湾曲していることがあります。
・このブログは個人が旅行・見学の感想を書いているものであり、記事中に登場する各施設の公式なコンテンツではないことはもちろん、記事中に明記されていない限り各施設を運営する団体・職員とも一切関係ありません。
・価格、所要時間、展示内容その他記事中で紹介されている事項は変更されている場合もあります。必ず各施設の公式サイト等でご確認の上、お出かけください。
・本ブログ記事の情報を利用したことにより直接的あるいは間接的な損害が発生したとしても、当ブログ著者・サイト管理者は一切責任を負いません。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。