2007年06月24日

潜入!がま洞窟!

10:50 ロープウェーでつつじヶ丘に到着。

帰りのバスは…





……


………!!


10:40が出たばかりで、


次は12:00だとー?!?!(絶叫)





ほぼ毎時2本ずつ運行しているのに、なぜ11時台だけ一本もないのでしょう。朝一で登った人が丁度降りてくる時刻なのに。理解に苦しみます。

実際、僕が乗ったロープウェーは満員でした。
…まぁ皆さん自家用車だったみたいですが。


1時間以上も何をして時間を潰そう…?


ふと辺りを見回すと、駐車場の向こうに巨大なガマのオブジェが。手元の観光ガイドを見ると『アミューズメント施設』と書いてあります。

…ま、暇つぶしくらいにはなるかな…

と、そちらへ向かいます。


近づくと、看板…いや、土産物店の壁に直接書いてあるのか?…




『ようこそガマランドへ』




…ガマランドって…。


ここには、様々な珍しいものの展示と、楽しいアトラクションがありました。…恐るべし、茨城。

ガマランド.jpg

なんだか態度の悪いガマのオブジェ。

なぜ鳥居。なぜ賽銭箱。



にぎり石.jpg

握り石。彫刻ではなく、このままの形で出土したそうです。撫でると幸せになれるとか。


ガマ洞窟.jpg

そしてこのガマランドが誇るアトラクション!

『ガマ洞窟』

これが唯一の有料アトラクションらしいです。


入口は土産物店の脇。見るからにチープなつくり。
『入場券を買ってください』
と何カ所に書いてあるんだろう。
他にも『巨大イノシシ』『今、見れば納得』など意味不明の煽りが。

500円くらい、捨てるつもりで覗いてみるか。
…まぁ僕と付き合いの長い人は気付いていると思うのですが、実は『金返せ』的施設がけっこう好きだったり^^;

チケットを購入して、狭い通路を入っていきました…

ガマ洞窟1.jpg

ええと。

…ここ、お化け屋敷なんですか?



#改めて写真で見ると、恐ろしくチープな作りですね…。
#母校(高校)の文化祭で見た、教室利用のお化け屋敷と
#工作のレベルがあまり変わらない気が…。



どうやら僕しか客がいないらしいのを良いことに、また撮影禁止とは書いていないことをいいことに、写真は遠慮なくフラッシュ焚いてます。本来は真っ暗な中に蛍光塗料で絵が浮かび上がっていたりするんですが。

場所によってはまったく足下が見えないくらい暗いのに、床に段差があったりブーブークッションが置いてあったりします。別の意味で恐いです。客が転んで怪我でもしたらどうする気なんでしょう。

とにかく手探りで進みます。



えーと。
本当は中の写真を何枚も撮ったのですが。
これから行ってみたい人のために、ネタバレは止めておきます。
ぜひご自身の目で確かめて、驚き、怖がってください。

(…色々な意味で)



ところどころ、ちゃんとお化け屋敷らしい仕掛けもあります。



途中に、見せ場の1つ『本物の大イノシシの剥製』があります。
コースから脇道に入った場所なので、見ないまま出てきてしまうことのない様にご注意。

この大イノシシ、筑波山で獲れたものらしいですが…この場に飾ってある意味がまったくわかりません。明るいところに飾ってやればいいのに。



さらにガマ洞窟の中を進みます。

だんだん仕掛けを作った人が飽きてきたのか、壁に書いてある絵がいい加減になってきます。

それまで血痕だの幽霊だの、それなりに『恐いもの』が書いてあったのに、、、、スイカだのリンゴだのといった子供の落書きのような絵が続き、



ガマ洞窟4.jpg


……おい。


最後に何故か神棚のようなものがあり、
売店の一番奥に抜け出るようになっています。
知らずに店内側から見ても、そこが異次元へと通じているようには見えません(笑)

僕が出てくると、お店の人がこっちを振り返ります。


うん、正直、けっこう気まずい(笑)



…などといいながら結局楽しだいるわけですが。




なんだかんだで20分ほどつぶせました。


というわけで、
僕と同じ人種の人(脱力系珍スポット大好き)は、話の種に入ってみるのも良いでしょう。
気の短い人、怒りっぽい人、クレーマー体質な人にはおすすめしません。







入口、入ってすぐの場所に、

入場料の払い戻しはいたしません.jpg

などと書いてあるのが、後から考えると笑えます。



〜〜

ガマ洞窟から無事脱出してもまだ時間が有り余っています。

仕方がないので、ガマランドの中も覗いてみることにしました。
ガマランドは筑波山登山口の手前に広がっています、というか登山口へはガマランドの中を通り抜けないといけません。

が。

その実体は、ただの『公園』です。

『神秘ガマの滝』
水がちょろちょろ流れてるだけですが…

『無料ジャンボ滑り台』

ガマランドジャンボ滑り台.jpg

まぁ高さは普通の公園にあるものの2倍くらいはありますが、それを『無料!』と自慢げに看板に書いてあるところが笑えます。…それ以前の問題として、いやに摩擦係数の大きそうな斜面です。たぶん、滑れません。


『無料スペースシャトル』

ガマランドスペースシャトル.jpg

これまたデパートの屋上にでもありそうな、ロケット型の遊具です。100円玉を入れると動いたり、ということもなさそうです…っていうか『無料』と書いてあるし。


『ガマ大明神』

ガマランドガマ大明神.jpg

これは駐車場反対側のバス停付近からも見えるほどの大きさがありますが、、、、単なるオブジェだと思われるのに、前には鳥居と賽銭箱。



ええと。
茨城県人って、ものすごくお金のことを気にするタイプ?



…遊んでいる子供の1人さえもおらず、なぜか拡声されているTV番組の音声だけが虚しく響いています。
というかここ、施設整備をしているのでしょうか…。
動く遊具がないので、事故が起こる危険も小さいでしょうが…。


呆然と見ているうちにようやくバスの時刻。
つくばセンターへむけて移動。
posted by MAX CARTER at 11:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | テーマパーク
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
・サイズの大きな写真は複数の写真を並べて合成したものなので、接続部で色合いが違う・わずかなズレが生じている・全体的に湾曲していることがあります。
・このブログは個人が旅行・見学の感想を書いているものであり、記事中に登場する各施設の公式なコンテンツではないことはもちろん、記事中に明記されていない限り各施設を運営する団体・職員とも一切関係ありません。
・価格、所要時間、展示内容その他記事中で紹介されている事項は変更されている場合もあります。必ず各施設の公式サイト等でご確認の上、お出かけください。
・本ブログ記事の情報を利用したことにより直接的あるいは間接的な損害が発生したとしても、当ブログ著者・サイト管理者は一切責任を負いません。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。