2007年09月22日

箱根/関所

今年3月に復元が完了した箱根関所を見に行きました。
平成10年以来の大作業だったそうです。

箱根港から歩いていくと、最初につくのが京口御門。

箱根関所京口御門.jpg
関所の京都側の門です。
旅人は、この門を入って左手にある大番所で通行手形を改められました。

大番所の建物の中まで再現され、役人や馬の姿も人形で表現されています。
土間に入ってみることも出来ます。大番所の裏手にも当時の建物を復元した建物があります。
…まぁ、台所と風呂場とトイレなのですが、当時の人々の生活の様子を偲ぶことが出来ます。

箱根鉄砲弓矢.jpg

大番所の中、『上の間(客間)』とされる部屋には、鉄砲や弓矢などの武器がずらり。わざと建物外(つまりこれから手形改めを受ける旅人?)からも見えるように並べられているようです。
もし関所破りをしたらどうなるか、旅人を威圧する意味があったらしい、ということです。

大番屋の向かいには足軽番所と牢があります。
足軽番所や牢の中も再現されています。
そして足軽番所の裏手に出ると、

箱根関所遠見番所1.jpg

なにやら階段が。
足軽番所のある場所から20mほど登ることができます。
この高台の上には遠見番所とよばれる、芦ノ湖や街道を監視のための小屋があります。

箱根関所遠見番所2.jpg

遠見番所のある高台の上から芦ノ湖を眺めるとこんな感じ。
関所のほぼ全景も見えています。
画面左手奥が大番所、手前が足軽番所と牢(一棟に繋がっています)、画面外左方に京口御門、画面下部中央が江戸口御門です。

江戸口の外、画面右手の木々の向こう側には箱根関所博物館があり、江戸口からまっすぐ伸びる道を右方に進むと恩賜公園の駐車場付近に抜けることが出来ます。

〜〜

【箱根関所・箱根関所資料館】
9:00-17:00
入場料大人500円
箱根フリーパス提示で100円割引

大番所・足軽番所の中を見学する時と遠見番所のある高台に登る時はは関所見学チケットの提示を求められますが、京口御門〜江戸口御門の間を通り抜けるだけならチケットは要らないようです(未確認)。

posted by MAX CARTER at 14:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 史跡
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
・サイズの大きな写真は複数の写真を並べて合成したものなので、接続部で色合いが違う・わずかなズレが生じている・全体的に湾曲していることがあります。
・このブログは個人が旅行・見学の感想を書いているものであり、記事中に登場する各施設の公式なコンテンツではないことはもちろん、記事中に明記されていない限り各施設を運営する団体・職員とも一切関係ありません。
・価格、所要時間、展示内容その他記事中で紹介されている事項は変更されている場合もあります。必ず各施設の公式サイト等でご確認の上、お出かけください。
・本ブログ記事の情報を利用したことにより直接的あるいは間接的な損害が発生したとしても、当ブログ著者・サイト管理者は一切責任を負いません。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。