2014年10月11日

箕輪城

高崎にある箕輪城です。
当時の建物はまったくありません。土塁や堀の跡が残ってはいますが年月が経った状態のままで復元はされていないため、かつての城の姿を想像するのはちょっと難しいですね…。

高崎駅からバスでアクセスするのですが、城のすぐ近くまで行く路線は一日に数本しかないようです。
また100名城スタンプがあるのは城から少し離れた箕輪支所です。
というわけでまずバスで箕輪支所の最寄りバス停である【四ッ谷】まで行き、そこでスタンプとパンフレットをゲットしてから徒歩で城へ向かいました。

10686918_602621423177556_2494694524629671729_n.jpg

もっとも楽に本丸にアクセスできると思われる【搦手口】より登城。
この上が【二の丸】、いまは駐車場があります。
箕輪支所からここまで緩い上り坂で2km弱あります。

登城口近くには伊香保温泉方面線の【東明屋】バス停があります。ただ1日に6便しかありません。

10389964_602630343176664_5861371485892022801_n.jpg

二の丸。いまは駐車場になっています。トイレもここに。

1907887_602778683161830_6094092631925895076_n.jpg

二の丸駐車場にある地図。
他の城址公園に較べて判りにくすぎます…

10600605_602621313177567_4666781510403240878_n.jpg

二ノ丸から【本丸】へ続く通路。

10519505_602621303177568_378409031910020430_n.jpg

本丸の石垣。
他にも石垣が残っているところがありますが、明らかな人工物で残っている物はそれだけ。

1978621_602621306510901_7136102710774787548_n.jpg

【本丸】。
いまはなにもない、ただの広場です。
もともと天守のような大型の建物はなかったようですが。

10801596_602621333177565_3478599572556496409_n.jpg

本丸の奥の部分、別名【御前曲輪】。
ここには持仏堂があり、城の『精神的な中心』だったとのこと。
落城の際にはここで城主一族が自刃したそうです。

10519505_602621336510898_7756842819373365755_n.jpg

御前曲輪にある井戸の跡。

10625028_602621339844231_5168417919657799786_n.jpg

堀に降りられるようになっています。数mの深さがある、かなり大型の堀です。

10348599_602621386510893_7291839817248913666_n.jpg

【郭馬出】と呼ばれる、四角錐台状のエリア。

63480_602621389844226_2179295903537943468_n.jpg

木俣。通路がいくつも集合した点。

1513832_602621393177559_3103828135304577962_n.jpg

到着時刻が予定より遅く周囲が暗くなってきてしまったので見学を打ち切って城外へ…でもせめて搦手口以外から出ようと、観音坂口に向かったのですが…
狭い上に木に覆われて暗いです。写真だと明るさが補正されてしまっていますが、すでに足下がよく見えません。

10407095_602621419844223_8957271856672097398_n.jpg

やっと抜けてきました、観音坂口。

このあと【四ッ谷】バス停までまた歩き、1時間以上待ってようやく高崎駅へ。

〜〜

【箕輪城】
高崎駅より
バス『伊香保温泉行き』で『城山入口』(観音坂口が近い)、『東明屋』(搦め手口が近い)
バス『箕郷行き』で『四ッ谷』(スタンプのある箕郷支所)
posted by MAX CARTER at 16:00 | Comment(0) | TrackBack(0) |
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
・サイズの大きな写真は複数の写真を並べて合成したものなので、接続部で色合いが違う・わずかなズレが生じている・全体的に湾曲していることがあります。
・このブログは個人が旅行・見学の感想を書いているものであり、記事中に登場する各施設の公式なコンテンツではないことはもちろん、記事中に明記されていない限り各施設を運営する団体・職員とも一切関係ありません。
・価格、所要時間、展示内容その他記事中で紹介されている事項は変更されている場合もあります。必ず各施設の公式サイト等でご確認の上、お出かけください。
・本ブログ記事の情報を利用したことにより直接的あるいは間接的な損害が発生したとしても、当ブログ著者・サイト管理者は一切責任を負いません。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。