2014年09月11日

絵島囲み屋敷(高遠町歴史博物館)

16739_577851772321188_323597680831879079_n.jpg

高遠町歴史博物館の展示室を出て専用通路をすすむと【絵島囲み屋敷】があります。別棟ですが、見学者は博物館の展示室経由でしか行けません。

10394577_577851762321189_7767767477254573305_n.jpg

絵島囲み屋敷の玄関。ガイダンス音声が流れます。
脇にある平面図によると、本来はこの写真を撮っている位置にも建物があったようです。

10659422_577851765654522_6157031780794127912_n.jpg

奥の格子のあたりが絵島の居室でした。

1891110_577471289025903_8052376971863790877_n.jpg

絵島の間。

江戸中期、徳川家継の時代の有名な『江島(絵島)生島事件』で高遠藩預けの身となった大奥御年寄・江島が、その後の生涯を過ごすこととなった囲み屋敷(復元)。屋敷全体としてもそれほど大きいものではないのですが、江島はその中でもこの八畳の一間(+奥に厠と湯殿)から出ることはなかったそうです。写真左側に見える格子ははめ殺し。手前側も同様に格子で閉ざされています。

一般的には『江島』と表記されることが多いですが、この資料館では『絵島』となっていました。

10629831_577851758987856_2131239317817542749_n.jpg

玄関の奥にある簡素な台所。

10702142_577859868987045_2497154530569723357_n.jpg

屋敷を取り囲む塀はこのように侵入/脱出を阻むような形状。
タグ:高遠 長野県
posted by MAX CARTER at 10:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | 歴史的建築物
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
・サイズの大きな写真は複数の写真を並べて合成したものなので、接続部で色合いが違う・わずかなズレが生じている・全体的に湾曲していることがあります。
・このブログは個人が旅行・見学の感想を書いているものであり、記事中に登場する各施設の公式なコンテンツではないことはもちろん、記事中に明記されていない限り各施設を運営する団体・職員とも一切関係ありません。
・価格、所要時間、展示内容その他記事中で紹介されている事項は変更されている場合もあります。必ず各施設の公式サイト等でご確認の上、お出かけください。
・本ブログ記事の情報を利用したことにより直接的あるいは間接的な損害が発生したとしても、当ブログ著者・サイト管理者は一切責任を負いません。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。