2014年09月10日

武田神社(躑躅ヶ崎館跡)

甲府城見学を終え、次は武田神社に向かいました。
武田神社は武田信玄の館、躑躅ヶ崎館跡に建てられたもので、武田信玄を祀っています。

武田神社/神橋.jpg

武田神社までは、甲府駅北口バスターミナルから武田神社行きのバスで10分ほど。
平日は30分に1本程度ありますが、土日祝は本数が半減してしまうようです。
終点のバス停を降りた目の前に【神橋】。

武田神社/本殿.jpg

神橋を渡って真っ直ぐに進めばすぐに【武田神社拝殿】。

武田神社/手水場.jpg

手水場のデザインが武田家の家紋、四つ割菱!

武田神社/宝物殿.jpg

拝殿参拝につづいて宝物殿を見学します。なぜか宝物殿の前にキティ?!
宝物殿受付で100名城スタンプゲット。

具足、刀、扇など武田家ゆかりの品がいくつも展示されていました。
目玉は有名な『疾如風 徐如林 侵掠如火 不動如山』、いわゆる『風林火山』の軍旗。

武田神社/風林火山.jpg

宝物庫内は撮影禁止だったので、外にあったポスターを。

実物はかなり大きなものでした。
字は薄れてしまっていますが、読める状態です。

武田神社/能舞台.jpg

拝殿の近くにある【甲陽武能殿】。
武田氏の軍学書【甲陽軍艦】から名前をとられた能舞台です。

武田神社/水琴窟.jpg

社務所の前にある【水琴窟】。
非常に音が小さいので、地面から突き出している竹筒に耳をつけて楽しむようになっています。

武田神社/姫の井戸のお水.jpg

同じく社務所前にある【姫の井戸のお水】。
ここが武田氏館だった時代から残る井戸で、武田信玄に姫が誕生したときに産湯に使用された事からこう呼ばれるようになったそうです。
武田氏館で賓客をもてなす茶会にもこの井戸の水が使われたとされ、井戸の中から茶釜も発掘されているそうです。
この水を汲んで持ち帰っても良いとのこと。万病退散の御利益があるとか。

武田神社/西曲輪.jpg

武田氏館の西曲輪跡…だと思います。

現在【武田神社】として拝殿などが並んでいるのは中曲輪・東曲輪と呼ばれていた部分。西曲輪は中曲輪と堀を隔てた部分で、写真の通り中曲輪・東曲輪とはまったく違う状態。
周囲を囲むように盛り上がっているのは土塁の跡でしょうか??
正面の土塁が切れている部分が北側の門跡だと思います。

武田神社/西曲輪北側の石垣.jpg

門跡と思われるあたりには石が積んであるのですが、当時の野面積みの石垣が残っている、または発掘されたものを復元したのでしょうか…?
posted by MAX CARTER at 15:30 | Comment(0) | TrackBack(0) |
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
・サイズの大きな写真は複数の写真を並べて合成したものなので、接続部で色合いが違う・わずかなズレが生じている・全体的に湾曲していることがあります。
・このブログは個人が旅行・見学の感想を書いているものであり、記事中に登場する各施設の公式なコンテンツではないことはもちろん、記事中に明記されていない限り各施設を運営する団体・職員とも一切関係ありません。
・価格、所要時間、展示内容その他記事中で紹介されている事項は変更されている場合もあります。必ず各施設の公式サイト等でご確認の上、お出かけください。
・本ブログ記事の情報を利用したことにより直接的あるいは間接的な損害が発生したとしても、当ブログ著者・サイト管理者は一切責任を負いません。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。