2013年08月07日

鶴ヶ城(会津若松城)

吾妻SA.jpg

高速バスは吾妻SAを経て2時間半ほどで【鶴ヶ城・合同庁舎前】バス停に到着。
他の建物に隠れてバス停からすぐ天守閣が見える…というわけではないのですが、距離は徒歩数分程度です。

ところで、目的地のお城の名前ですが…
地元では【鶴ヶ城】と呼ばれていますが、国の史跡としての登録名は【若松城】。
その他【黒川城】、【会津城】などとも呼ばれているそうです。
そして100名城リストでは【会津若松城】となっています。

鶴ヶ城/レストハウス.jpg

北出丸大手門ちかくのレストハウス【鶴ヶ城会館】。
土産物、軽食、コインロッカーがあります。

ここに荷物を預けて見学開始。
…営業時間が短いので(夏期8:30〜17:00、冬期8:30〜16:00)、荷物を取り損なわないように注意…。

鶴ヶ城/追手前西濠.jpg

北出丸を囲む堀。

鶴ヶ城/北出丸/大手門.jpg

【北出丸大手門】。
いまは車も出入りできるようになっています。

大河ドラマでも描かれた、八重がゲーベル銃をもって夜襲隊の一員として出撃したのはここから。

鶴ヶ城/北出丸/大手門/枡形.jpg

【北出丸大手門枡形】。
石垣は370年前のもの。

歩道が狭くて、車が通るときはちょっと恐いですね…。
直角のカーブが2回続いて見通しも悪いし。

もともとはそれが狙いでこういう形になっているわけですが、城だった頃は自動車は走っていませんし…。

鶴ヶ城/本丸/太鼓門.jpg

北出丸から本丸の方に向かうために通るのが、この写真正面の位置にあった【太鼓門】。

太鼓門を入ったところは【帯郭】。
いまは管理事務所などがあります。

鶴ヶ城/鐘撞堂.jpg

帯郭から本丸と反対側、西出丸(いまは駐車場)の方に向かったあたりには【鐘撞堂】があります。
戊辰戦争ではここに砲火が集中したにもかかわらず、開城まで時を告げ続けたとのこと。

鶴ヶ城/鐘撞堂型電話ボックス.jpg

管理事務所の建物の近くには、鐘撞堂を模した公衆電話ボックスが。

鶴ヶ城/天守閣/太鼓門側より.jpg

管理事務所前より見上げる天守閣。
1階部分と最上部以外、窓がない(閉まっている)ため、なんだかのっぺらぼうのような、つるっとした印象です。

鶴ヶ城/稲荷神社.jpg

城内にある【稲荷神社】の前を通って、本丸に入ります。

鶴ヶ城/本丸全景.jpg

本丸全景。
かつてはここに大規模な本丸御殿があったのですが、いまはいちばん端にあたる茶室だけしか復元されていません。

鶴ヶ城/天守閣/本丸側より.jpg

本丸側から見上げる天守閣。
やっぱりのっぺらぼう…。
posted by MAX CARTER at 13:00 | Comment(0) | TrackBack(0) |
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
・サイズの大きな写真は複数の写真を並べて合成したものなので、接続部で色合いが違う・わずかなズレが生じている・全体的に湾曲していることがあります。
・このブログは個人が旅行・見学の感想を書いているものであり、記事中に登場する各施設の公式なコンテンツではないことはもちろん、記事中に明記されていない限り各施設を運営する団体・職員とも一切関係ありません。
・価格、所要時間、展示内容その他記事中で紹介されている事項は変更されている場合もあります。必ず各施設の公式サイト等でご確認の上、お出かけください。
・本ブログ記事の情報を利用したことにより直接的あるいは間接的な損害が発生したとしても、当ブログ著者・サイト管理者は一切責任を負いません。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。