2013年08月06日

青葉城2・英霊顕彰館と青葉城資料館

青葉城/本丸/宮城縣護國神社.jpg

本丸跡にある【宮城縣護國神社】。

伊達家とはまったく関係ないのですが(むしろ戊辰戦争で敵側だった明治政府との関係が強い)、伊達家ゆかりの神社と勘違いしている観光客も多いとか…まぁ青葉城本丸にあるのだから当然ですが。

青葉城/宮城縣護國神社/英霊顕彰館/外観.jpg

宮城縣護國神社内に【英霊顕彰館】というものがあったので見ていくことにしました。

青葉城/宮城縣護國神社/英霊顕彰館/展示室.jpg

英霊顕彰館の展示室。
明治維新から太平洋戦争まで、宮城県出身の戦没者の遺品などが保管・展示されています。

青葉城/宮城縣護國神社/英霊顕彰館/大和模型.jpg

英霊顕彰館の一室、太平洋戦争当時に活躍した軍艦の模型が多数展示された部屋。中央に戦艦大和が飾られているのはほとんどお約束。

〜〜

青葉城/休憩所.jpg

宮城縣護國神社を出て、隣接する【本丸会館】へ。
土産物店や飲食物の売店があります。

会館内に【青葉城資料館】というものがあるようです。
入口で流していたビデオが面白そうだったので突入。

青葉城/本丸会館/青葉城資料展示館/常設展示室.jpg

青葉城資料館の常設展示室。
展示室はそれほど広くはありませんが、展示点数はけっこうあります。

青葉城/本丸会館/青葉城資料展示館/具足.jpg

伊達家の具足など。

〜〜

CGシアターも見てきました。
【謹製仙台城-だって本丸だもん-】。
CGで仙台城本丸を復元したものです。

出演は…
若本規夫さんが『通りすがりの枝豆』、
陶山章央さんと高本めぐみさんが『雀』。
この3人がボケたり突っ込んだり(?)で進行していきます。

CGで描かれるかつての仙台城の姿は見応えがありました。
いまは何も残っていないので、CG画像と現実の風景のどことどこが対応するのかさえよく判らないのですが…。

青葉城/ぷちずんだ餅.jpg

売店でおやつ購入。
『ずんだ餅ぷち』336円。

〜〜

のんびりしすぎて、シャトルバス最終便を逃しましたOrz
仕方ないので徒歩で下ります。

青葉城/本丸北壁石垣.jpg

【本丸北壁石垣】。
本丸でみた石垣のモデルは、ここを修復した際に傷みが酷いなどの理由で取り外されたものを裁量したのだそうです。

ようやく城っぽい姿を見たような感じ。

…写真でも判るとおり、雨がかなり強くなっています。

青葉城/中門跡.jpg

中門跡。
当時の枡形を反映して道が2回曲がっています。

〜〜

詰ノ門から大手門脇櫓までは僕の脚で10分ほどでした。
下りで、ちゃんと歩道も整備されているので楽なものです。

るーぷるも最終便が行ってしまった後のようなので、もう少し歩いて仙台市博物館近くの停留所から一般の路線バスに乗って仙台駅まで戻りました。

あ、そういえば仙台市博物館も見たかったな。次に仙台旅行をするときはきっと見学しなくては。
仙台城も天気のいいときにまた来たい…。
posted by MAX CARTER at 15:30 | Comment(0) | TrackBack(0) |
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
・サイズの大きな写真は複数の写真を並べて合成したものなので、接続部で色合いが違う・わずかなズレが生じている・全体的に湾曲していることがあります。
・このブログは個人が旅行・見学の感想を書いているものであり、記事中に登場する各施設の公式なコンテンツではないことはもちろん、記事中に明記されていない限り各施設を運営する団体・職員とも一切関係ありません。
・価格、所要時間、展示内容その他記事中で紹介されている事項は変更されている場合もあります。必ず各施設の公式サイト等でご確認の上、お出かけください。
・本ブログ記事の情報を利用したことにより直接的あるいは間接的な損害が発生したとしても、当ブログ著者・サイト管理者は一切責任を負いません。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。