2013年08月04日

啄木新婚の家

さて次はどこへ行こうか…
と、さんさ踊りパレードのある通りに沿って盛岡駅の方に戻る方向に歩いて、【啄木新婚の家】にやってきました。
藩政末期の武家屋敷で、盛岡市指定有形文化財。
新婚の家といっても夫婦二人ではなく5人家族で暮らしていたそうです。
啄木新婚の家・外観.jpg

現在、建物の半分ほどのエリアが見学可能です。

啄木新婚の家・10畳間.jpg

たぶん一番広い部屋。10畳+床の間。この写真の左手手前枠外が玄関、右手は次の【結婚式の部屋】に接続しています。

啄木新婚の家・結婚式をした部屋.jpg

啄木が結婚式を挙げた部屋。
普段は啄木夫妻以外の3人が暮らしていた部屋だそうです。左手には啄木夫人・節子の琴が展示されています。

この部屋で結婚式が行われたのですが…
東京から盛岡へ向かっていたはずの啄木は金策などのため仙台で途中下車。しばらく旧友らと滞在して、ようやく仙台を出発したのは結婚式の前日。そしてなぜか盛岡を素通りして渋民へいってしまい、結婚式当日にはここにはいなかったそうです。

…って、いくらなんでも奥さん可哀想だろそれ!

啄木がようやくこの家に現れたのは結婚式の5日後。いろいろ事情があったのでしょうが、なんというか…。

啄木新婚の家・新婚の間.jpg

そしてこの小さな部屋だけが、啄木夫妻のスペース。奥に見える2畳ほどの狭い空間はこの家の裏口で、啄木はこちらを使っていたそうです。

この写真の手前側が先ほどの結婚式の部屋です。

〜〜

【啄木新婚の家】
盛岡市中央通三丁目17−18
開館時間:8:30-18:00(冬期間は9:00-16:00)
定休日:火曜日
入場料金:無料

見学所要時間:30分以下
posted by MAX CARTER at 15:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 歴史的建築物
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
・サイズの大きな写真は複数の写真を並べて合成したものなので、接続部で色合いが違う・わずかなズレが生じている・全体的に湾曲していることがあります。
・このブログは個人が旅行・見学の感想を書いているものであり、記事中に登場する各施設の公式なコンテンツではないことはもちろん、記事中に明記されていない限り各施設を運営する団体・職員とも一切関係ありません。
・価格、所要時間、展示内容その他記事中で紹介されている事項は変更されている場合もあります。必ず各施設の公式サイト等でご確認の上、お出かけください。
・本ブログ記事の情報を利用したことにより直接的あるいは間接的な損害が発生したとしても、当ブログ著者・サイト管理者は一切責任を負いません。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。