2014年09月10日

甲府城

13時過ぎに甲府城へ。
JR甲府駅の南口から歩いて数分程度のところにあります。

甲府城は武田氏の城ではなく、武田氏が滅亡してからずっと後、豊臣秀吉の名により築城されたものです。関ヶ原の戦い以降は徳川家のものになり、そのまま幕末まで存続しました。
現在は本丸など中心部が舞鶴城公園として保存されています。


甲府城/内松陰門.jpg

駅に一番近い入口が【内松陰門】。
裏口っぽいかなぁ…

ここを吐いて階段を上っていくと、

甲府城/銅門跡/礎石.jpg

【銅門(あかがねもん)跡】
門自体は残っていませんが、礎石が見られます。

甲府城/本丸/天守台.jpg

銅門をはいるともう【本丸】。
そして奥には【天守台】。
残念ながら建物は一切残っていません。
天守については存在したという証拠さえ残っていないそうです。

甲府城/本丸/天守台/階段.jpg

天守台にも上れます。
上から見てた形が長方形ではないですね。

甲府城/天守台から見下ろす本丸.jpg

天守台から見下ろした本丸。

甲府城/稲荷曲輪.jpg

続いて本丸を出て本丸北側の【稲荷曲輪】へ。

甲府城/稲荷櫓.jpg

稲荷曲輪の隅には、【稲荷櫓】があります。
江戸時代には武器庫として使われていた建物ということですが、これは現存ではなく平成になってからの復元建築だそうです。

甲府城/稲荷櫓/石垣の先刻画.jpg

稲荷櫓の石垣にある線刻画。
大阪城の石垣にあるこのような記号は各大名が自分の運んだ石であることを示すために入れたとされていますが、ここのものは作業の安全を祈願する『おまじない』と考えられているそうです。

甲府城/稲荷櫓/1F.jpg

稲荷櫓の中はちょっとした展示室になっています。
入場無料です。100名城スタンプもここ。

甲府城/稲荷櫓/2F.jpg

稲荷櫓2階。

甲府城/模型.jpg

稲荷櫓2階の中央には、かつての甲府城の姿を現した模型があります。
ここまで通ってきた道を模型で確認すると面白いです。

甲府城/稲荷曲輪門.jpg

本丸の周りをぐるっとまわって【稲荷曲輪門】。

甲府城/鍛冶曲輪.jpg

稲荷曲輪門を出ると【鍛冶曲輪】。いまはなにも建築物などは残っていません。
写真奥左手に【石切場】があります。

甲府城/遊亀橋.jpg

鍛冶曲輪から外に出る【遊亀橋】。

甲府城/堀.jpg

水堀。

甲府城/坂下門跡.jpg

さらに回って【坂下門跡】。
こちらが正門になるのかな。

甲府城/武徳殿.jpg

坂下門を入ってすぐの所にある【武徳殿】。
このあたりが二の丸です。武徳殿の脇を向こうへ抜けると、先ほど入ってきた内松陰門のすぐ内側に出ます。というわけで、これで本丸の周りをほぼ一周したことになります。

甲府城/中門跡.jpg

再び本丸へ、先ほどとは違うルートで登ってみます。
ここは【中の門跡】付近。

甲府城/中門/礎石.jpg

中の門跡の礎石。

甲府城/山手渡門.jpg

本丸の入口にあたる【鉄門】。復元建築です。

甲府城/山手渡門/内部.jpg

鉄門の2階部分には入れます。復元工事についての解説パネルなどがありました。
posted by MAX CARTER at 13:30 | Comment(0) | TrackBack(0) |
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/407347448
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
・サイズの大きな写真は複数の写真を並べて合成したものなので、接続部で色合いが違う・わずかなズレが生じている・全体的に湾曲していることがあります。
・このブログは個人が旅行・見学の感想を書いているものであり、記事中に登場する各施設の公式なコンテンツではないことはもちろん、記事中に明記されていない限り各施設を運営する団体・職員とも一切関係ありません。
・価格、所要時間、展示内容その他記事中で紹介されている事項は変更されている場合もあります。必ず各施設の公式サイト等でご確認の上、お出かけください。
・本ブログ記事の情報を利用したことにより直接的あるいは間接的な損害が発生したとしても、当ブログ著者・サイト管理者は一切責任を負いません。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。