2014年10月11日

鑁阿寺(足利屋敷)

栃木県足利市にある鑁阿寺に行ってきました。

鑁阿寺は真言宗大日派の本山です。鎌倉時代以来800年以上の古い歴史を持つ寺院であり、本堂が国宝にしていされている他、重要文化財などに指定されている建築物が多数あります。またここは足利氏の屋敷跡でもあり、周囲を巡る土塁と堀は足利屋敷の遺構とされています。
鑁阿寺・南西隅・堀と土塁.jpg

鑁阿寺南西隅。土塁と堀の様子がわかります。右手奥に山門前の太鼓橋が見えます。

※合成のため、通常より遠近感が強調されています

鑁阿寺・山門と太鼓橋.jpg

鑁阿寺の敷地はほぼ正方形、四辺を東西南北にむけています。南辺の中央にある【山門】と【太鼓橋】。
山門は室町時代の建築で、左右に仁王像が収められています。
太鼓橋は江戸時代の建物。

鑁阿寺・地図.jpg

建物の配置をよく憶えてから見学開始。

鑁阿寺・本堂.jpg

【本堂】
鎌倉時代の建物だそうです。あちこち見学する前に本堂をお参り&100名城スタンプゲット。
スタンプは本堂の、お守りなどを売っている場所にあります。

鑁阿寺・不動堂.jpg

【不動堂】
本堂の隣にあります。国宝。

鑁阿寺・大銀杏.jpg

樹齢550年といわれている大銀杏。
高さ30m、周囲9m。
縁結びのご神木ともいわれているそうです。

鑁阿寺・弘法大師像.jpg

本堂近くにある弘法大師の像。

鑁阿寺・多宝塔.jpg

【多宝堂】
はっきりした建築年代不明。宝珠の中に寛永6年の銘のものがあることからその時代に再建されたと考えられているようです。
多宝塔としては国内最大のものだそうです。
栃木県指定文化財。

鑁阿寺・経堂.jpg

【経堂】
室町時代の建物。
足利義兼が妻の供養のために作ったといわれているそうです。
国の重要文化財。

鑁阿寺・鐘楼.jpg

【鐘楼】
鎌倉時代の建物。
梵鐘は元禄時代のもの。歴史的資料として戦時中の金属供出を免れたそうです。

鑁阿寺・心の字池.jpg

鐘楼の奥へ進むと【心字池】があります。
写真は敷地南東隅からみた心の字池。奥に鐘楼が見えています。

鑁阿寺・土塁(南東隅付近内側より).jpg

心の字池のちかく、敷地南東部の土塁を内側から。

鑁阿寺・稲荷堂.jpg

【稲荷堂】
本堂の北側、明治時代の建築。

鑁阿寺・蛭子堂.jpg

【蛭子堂】
北条時子(北条政子の妹)を祀るお堂で、時姫堂とも呼ばれているそうです。
足利市重要文化財。

鑁阿寺・校倉.jpg

【校倉】
宝庫・大黒堂、ともよばれています。江戸時代の建築。
もともとは宝物庫ですが、後に足利家伝来の大黒天を祀るようになっているそうです。
足利市指定重要文化財。

鑁阿寺・大酉堂.jpg

【大酉堂(おおとりどう)】
江戸時代の建築。もとは足利尊氏を祀る霊堂として室町時代に建立。
明治時代からは足利尊氏の木造を本坊に移し、大酉大権現を本尊としているそうです。

鑁阿寺・御霊屋.jpg

【御霊屋】
最初に建てられたは鎌倉時代、
現在の建物は徳川家斉の時代に再建されたものだそうです。

鑁阿寺・ステージ(工事中).jpg

南西部にはステージがあるのですが、現在は補修工事中?

鑁阿寺・仮設ステージ.jpg

経堂の裏手(北側)あたりに仮設のステージを設置する工事が行われていました。イベントでもあるのでしょうか。

鑁阿寺・児童公園.jpg

なぜか敷地北西部には児童公園があります。滑り台、ブランコほか一通り遊具もあります。手前の砂場はなんだか残念な感じになっていますが。
右手には敷地西側の土塁が見えます。
posted by MAX CARTER at 09:00 | Comment(0) | TrackBack(0) |
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/407337443
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
・サイズの大きな写真は複数の写真を並べて合成したものなので、接続部で色合いが違う・わずかなズレが生じている・全体的に湾曲していることがあります。
・このブログは個人が旅行・見学の感想を書いているものであり、記事中に登場する各施設の公式なコンテンツではないことはもちろん、記事中に明記されていない限り各施設を運営する団体・職員とも一切関係ありません。
・価格、所要時間、展示内容その他記事中で紹介されている事項は変更されている場合もあります。必ず各施設の公式サイト等でご確認の上、お出かけください。
・本ブログ記事の情報を利用したことにより直接的あるいは間接的な損害が発生したとしても、当ブログ著者・サイト管理者は一切責任を負いません。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。