2012年06月06日

鐘釣の万年雪

復路は鐘釣駅で途中下車。

鐘釣駅は欅平駅や宇奈月駅ほど大きくはありませんが、
それでも土産物店と立ち食いそば店くらいはあります。

まずは駅から歩いて数分の場所にある【万年雪展望台】へ。
トロッコ列車の線路を見下ろしながら歩いて行きます。
…見れば見るほど玩具のように小さい…。

鐘釣・万年雪展望台.jpg

万年雪展望台に到着。
ここから川を挟んだ反対側に積もった万年雪を見られます。

鐘釣・万年雪.jpg

万年雪。何mもの厚さ積もっています。
山の上から雪が落ちてくるので、真夏でも雪が残っているのだそうです。

鐘釣・河原温泉への階段.jpg

さらに先へ10分程進みこの階段を下りたところに【河原温泉】があります。
ここまで駅からの道は実質1本。迷うことはまずないでしょう。

鐘釣・河原温泉湯だまり.jpg

河原は散策自由。
ところどころにこのような小さな水たまりがありますが…

手を入れてみると温かい!
確かに温泉です。

鐘釣・河原温泉.jpg

このあたりは川の流れも穏やか。

天候や上流のダム放水の影響で増水すると、河原温泉へ下りることが出来なくなります。
その場合は先ほどの階段の上に掲示が出るようです。

鐘釣・河原温泉対岸の雪.jpg

河原温泉の対岸にもこのように雪が積もっています。
川を挟んであちら側は冷たい雪、こちら側は温泉。
自然って面白いですね−。

〜〜

温泉は確かに湧いていましたが、さすがにここで服を脱いで湯に浸かる度胸はありません(笑
というわけで、河原を一回り散策した後は駅に戻ります。

鐘釣駅の案内板によると、駅近くに【鐘釣三尊像】なるものがあるというので、
ついでに見に行ってみようかと思ったのですが…

鐘釣・三尊像.jpg

なんのことはない、駅の近くというかほとんど駅構内のような場所にありました。
黒部川の氾濫を抑え、下流に済む人々の生活を守るために安置されたものだそうです。

〜〜

駅前の売店で鐘釣限定の土産物【万年雪のカケラ】購入(←『限定』に弱い典型的日本人w

再びトロッコ列車に乗車。
あとは宇奈月までまっすぐ。

トロッコ列車・平和の像.jpg

往路では気付かなかったのですが、宇奈月ダムの近くの山頂には【平和の像】が建っています。
日本一標高の高い場所に立つブロンズ観音像で、地元出身の作家・佐々木大樹氏手によるものだそうです。

〜〜

というわけで、乗っているだけで楽しい黒部峡谷鉄道の旅はおしまい。

これから乗る人へ。

ここまで紹介した見所の多くは、往路(欅平へ向かう)では右側にあります。
往路では右側の座席を確保するといいでしょう。

一番安い普通客車の方がむしろ景色は見やすいです。
季節によってはちょっと寒いですが。

沿線の見所は、ちょうどいいタイミングで室井滋さんが教えてくれます。
posted by MAX CARTER at 10:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | 景勝地
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
・サイズの大きな写真は複数の写真を並べて合成したものなので、接続部で色合いが違う・わずかなズレが生じている・全体的に湾曲していることがあります。
・このブログは個人が旅行・見学の感想を書いているものであり、記事中に登場する各施設の公式なコンテンツではないことはもちろん、記事中に明記されていない限り各施設を運営する団体・職員とも一切関係ありません。
・価格、所要時間、展示内容その他記事中で紹介されている事項は変更されている場合もあります。必ず各施設の公式サイト等でご確認の上、お出かけください。
・本ブログ記事の情報を利用したことにより直接的あるいは間接的な損害が発生したとしても、当ブログ著者・サイト管理者は一切責任を負いません。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。