2012年06月06日

黒部峡谷鉄道、復路

帰り。
10:01発の列車に乗車。
今度は普通車両、最後尾を指定されました。

で…

トロッコ列車・普通客車.jpg

これが普通客車です。
長椅子。
背もたれなし。
壁なし。
当然窓なし。
ドアなし。

トロッコ列車・普通客車内部.jpg

手すり…というか、チェーンが張られています。
乗降するときは車掌さんがチェーンを外してくれます。

…たぶんそういうわけで、途中下車する人は後の方の車両が割り当てられるのだと思います。

※リラックス客車など、ドアのある車両のドアは自動開閉です。

欅平駅・長い編成.jpg

出発。
先頭の機関車ははるか向こう…というのと、
欅平駅が急斜面の上に立っていることが判ります。

トロッコ列車・トンネルの中.JPG

トンネルの中はこんな感じ。
こんな小さな車両がギリギリ通れるほどの狭さ。

往路のリラックス客車ではそれほど意識しなかったのですが…
壁なしの普通客車だとトンネルの壁がすぐそこを猛スピードで過ぎていくように見えます。
間を隔てるものがないので怖いほど。
音もスゴイ!

トロッコ列車・出六峰付近屋根に守られた線路.jpg

特になんという場所でもないのですが、
トロッコ列車がどんな場所を走っているのかが判りやすい写真。

路線上のかなりの部分が、このように落石防止用の屋根で守られています。
posted by MAX CARTER at 10:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | 景勝地
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
・サイズの大きな写真は複数の写真を並べて合成したものなので、接続部で色合いが違う・わずかなズレが生じている・全体的に湾曲していることがあります。
・このブログは個人が旅行・見学の感想を書いているものであり、記事中に登場する各施設の公式なコンテンツではないことはもちろん、記事中に明記されていない限り各施設を運営する団体・職員とも一切関係ありません。
・価格、所要時間、展示内容その他記事中で紹介されている事項は変更されている場合もあります。必ず各施設の公式サイト等でご確認の上、お出かけください。
・本ブログ記事の情報を利用したことにより直接的あるいは間接的な損害が発生したとしても、当ブログ著者・サイト管理者は一切責任を負いません。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。