2013年09月11日

国立科学博物館【深海展】

平日、悪天候にもかかわらず会場は混雑。
NHKスペシャルでダイオウイカが扱われた影響でしょうか。

展示は、
表層と深海の違い
深海探査の歴史と装備
深海の生物
という順に並んでいました。




酸素濃度別サンプル.jpg

『表層と深海の違い』では、酸素濃度の違う海水のサンプルが展示…ってそんなの見ても違いが判らねーよ!

しんかい6500.jpg

『深海探査の装備』では、しんかい6500の大型模型が人気!
掃除機のような原理で深海生物を吸い取って捕獲する装置がついているんですね。
そうやってあつめられたサンプルも。

無人潜水艇ピカソ.jpg

無人探査船『ピカソ』と言うものも展示されていました。
ハイビジョンカメラを装備し、海中の状態を母船からリアルタイムで確認しつつ調査させることが出来るというもの。旧式のものより小型で、高性能のズームレンズを装備して小さな生物を拡大撮影することも出来るというスグレモノ。

ダイオウイカ.jpg

『深海の生物』では、ダイオウイカの標本と

マッコウクジラ内部.jpg

マッコウクジラの模型(骨格は本物で、臓器類は模型)が大迫力。ダイオウイカは触手の先まで5m。ダイオウイカとして最大級というわけではないのでしょうが(発見された最大のものは18mだっけ?)、やはりバケモノじみて大きいです。もし海でこんなのに鉢合わせしたら泣きます(笑

他にもグロテスクともいえる生物の標本が多数。
深海生物には発光するものや赤い色のものが多いのがちょっと意外です。
でも深海では長波長成分は減衰してしまうため、空気中では鮮やかな赤でも海中では暗闇に溶け込んでしまうんですね。
発光は、眼球などどうしても影が出来てしまう臓器を海中まで届くわずかな光と同化させて隠すためのものなんだそうです。
却って目立つのでは?と思っていた外見も、深海という独特の条件では隠れ蓑になるんですね。

ヒウチダイ.jpg

ヒウチダイ。

オキノテヅルモヅル.jpg


テヅルモヅルという、脚がたくさん枝分かれしたヒトデの一種。

〜〜

というわけで、興味深く見学しました。
posted by MAX CARTER at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 博物館
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
・サイズの大きな写真は複数の写真を並べて合成したものなので、接続部で色合いが違う・わずかなズレが生じている・全体的に湾曲していることがあります。
・このブログは個人が旅行・見学の感想を書いているものであり、記事中に登場する各施設の公式なコンテンツではないことはもちろん、記事中に明記されていない限り各施設を運営する団体・職員とも一切関係ありません。
・価格、所要時間、展示内容その他記事中で紹介されている事項は変更されている場合もあります。必ず各施設の公式サイト等でご確認の上、お出かけください。
・本ブログ記事の情報を利用したことにより直接的あるいは間接的な損害が発生したとしても、当ブログ著者・サイト管理者は一切責任を負いません。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。