2014年02月14日

国立科学博物館【大恐竜展】

いやー危なかった、行き損なうんじゃないかと思ってた…。

ゴビ砂漠で発見される恐竜の化石は、多数の骨がバラバラにならず生きていた時と同じようにつながった状態・化石そのものの変形が小さい、など状態がいい物が多いのだそうです。
通常この手の展覧会では本物の化石ではなくレプリカによる展示が多いのですが、今回は実物やホロタイプ(その種類の基本となる、学名毎に1体しかない貴重な標本)が何体も展示されているという、実は結構贅沢な展覧会だったりします。
20140212国立科学博物館/大恐竜展/ヴェロキラプトルかぎ爪.jpg

禍々しささえ感じるヴェロキラプトルの特徴的なかぎ爪。けっこう大きいです。

20140212国立科学博物館/大恐竜展/サウロロフスとタルボサウルス全身.jpg

植物食恐竜サウロロフス(右)とティラノサウルスに近い種類の肉食恐竜タルボサウルス(左奥)の全身骨格。

20140212国立科学博物館/大恐竜展/プロトケラトプスとヴェロキラプトルの格闘.jpg

ヴェロキラプトル(右側で横倒しになっている)の前足にプロトケラトプスが噛みついています。格闘シーンがそのまま化石になったという珍しいもの。

20140212国立科学博物館/大恐竜展/プロトケラトプス大中小.jpg

プロトケラトプスの頭蓋骨の成長の様子。相似拡大ではなく、頭の後ろの鎧板の横幅が広がっていくのが判ります。

20140212国立科学博物館/大恐竜展/ガルディミムス.jpg

ガルディミムスという恐竜のホロタイプ標本。

20140212国立科学博物館/大恐竜展/ティラノザウルスの子供.jpg

ほぼ全身の骨格がそのままの形で発見された、ティラノサウルスの子供の化石。普通はバラバラになってしまうような部分までつながった状態で発見された、非常に状態のよい標本だそうです。

〜〜

【大恐竜展 ゴビ砂漠の驚異】
http://www.kahaku.go.jp/exhibitions/ueno/special/2013/daikyoryu/
posted by MAX CARTER at 15:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 博物館
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
・サイズの大きな写真は複数の写真を並べて合成したものなので、接続部で色合いが違う・わずかなズレが生じている・全体的に湾曲していることがあります。
・このブログは個人が旅行・見学の感想を書いているものであり、記事中に登場する各施設の公式なコンテンツではないことはもちろん、記事中に明記されていない限り各施設を運営する団体・職員とも一切関係ありません。
・価格、所要時間、展示内容その他記事中で紹介されている事項は変更されている場合もあります。必ず各施設の公式サイト等でご確認の上、お出かけください。
・本ブログ記事の情報を利用したことにより直接的あるいは間接的な損害が発生したとしても、当ブログ著者・サイト管理者は一切責任を負いません。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。