2013年12月18日

上野の森美術館【エヴァンゲリオンと日本刀】

上野の森美術館で開催中の【エヴァンゲリオンと日本刀】展を観てきました。
本当は国立科学博物館の恐竜展を観るつもりだったのですが、どこで間違えたんだろう(笑)

タイトルからはどんな内容なのかまったく判らないのですが…

最初はまともな日本刀。
刀の各部の呼称、刀の種類、発達史、製作工程の解説など。

続いて、エヴァンゲリオンからインスピレーションを得て製作された刀…

カウンターソード.jpg

僕は新作劇場版ちゃんと観ていないのですが、これは劇中に登場した武器をモチーフにした物だそうです。
刀身は真面目な日本刀。刃の部分に触ったら切れます。
初号機をイメージした薄い紫色の塗装が、日本刀ではまったく使われない色のため難しかった…とのこと。

ロンギヌスの槍・全体.jpg

ロンギヌスの槍。
これは日本刀を作る技術を応用したもの、つまり鉄を叩いて畳んで叩いて伸ばして…で全体を形作った物。全長3m、20kg以上の大作!

ロンギヌスの槍・模様.jpg

よく見ると表面に細かい模様が出来ています。

初号機兜.jpg

初号機型の兜。
…なんだかそれっぽい。

弐号機仕様短刀・全体.jpg

キャラクターのイメージの短刀とか。
これは弐号機ですね。
鞘は弐号機・アスカのプラグスーツをイメージした鮮やかな赤。
先端・鯉口が斜めになっているのも珍しいです。

弐号機仕様短刀・アスカ浮き彫り.jpg

よく見ると、刀身にアスカの前身が透かし彫りになっています。

〜〜

…とまぁ、いろいろ。

キワモノっぽいのですが、音声解説で日本刀の見方…刃に現れる文様や形状の特徴などについて、けっこうマジメに解説されているのもなかなか面白かったです。
ちなみに解説音声は『サービスサービスぅ!』の三石琴乃さんでした。
posted by MAX CARTER at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 美術館
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
・サイズの大きな写真は複数の写真を並べて合成したものなので、接続部で色合いが違う・わずかなズレが生じている・全体的に湾曲していることがあります。
・このブログは個人が旅行・見学の感想を書いているものであり、記事中に登場する各施設の公式なコンテンツではないことはもちろん、記事中に明記されていない限り各施設を運営する団体・職員とも一切関係ありません。
・価格、所要時間、展示内容その他記事中で紹介されている事項は変更されている場合もあります。必ず各施設の公式サイト等でご確認の上、お出かけください。
・本ブログ記事の情報を利用したことにより直接的あるいは間接的な損害が発生したとしても、当ブログ著者・サイト管理者は一切責任を負いません。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。