2012年06月05日

称名滝

立山駅13:40発の称名滝探勝バスに乗車。
乗客は僕一人(笑)

バス車中から見た称名滝.jpg

立山駅を出発してしばらく。
進行方向に滝が見えてきました。
この位置から滝まではまだ2km以上ありますが、高さに驚き。

悪城の壁.jpg

バスの右手に見えているのは【悪城の壁】。
高さ500m、幅2kmにもおよぶ溶結凝灰岩の壁です。

かつては称名滝はこの壁より下流にあったのが、
数万年の間にこのように壁を削り、現在の位置に移動したと言われています。

称名川第二発電所.jpg

称名川第二発電所。
周囲の景色が大きすぎて建物がずいぶんこぢんまりとしているように錯覚してしまいます。

〜〜

称名平休憩所.jpg

立山駅から15分ほどで終点の【称名滝】バス停に到着。
バス停すぐそばには【称名平休憩所】があります。
2階に展示室がありますが、後回しにして早速滝の方へ。

遊歩道から見るハンノキ滝.jpg

バス停から滝見台(滝に一番近い展望台)までは1.3kmほど歩きます。
現地の案内板には『約30分』と書いてありますが…
ゆるい上り坂とはいえ、よほどノンビリ歩かない限りそんなにかからないと思います。
途中に寄り道をするような場所もないし。
僕の脚だと15分ほどでした。

この写真は滝見台までまだ1kmくらいある地点なんですが…

もう大きすぎてスケール感覚が麻痺してきました。
写真左寄りに車が映り込んでいますが、それと比べていかに滝が大きいか…

中央に見えているのはハンノキ滝。
称名滝は山の陰になっています。

称名滝展望台.jpg

というわけで、到着しました、滝見台。
左が【称名滝】、右が【ハンノキ滝】です。

称名滝は日本で一番高い滝とされています。
全部で4段になっており、その一番下の段だけでも華厳滝より高い!
4段合わせると350m、東京タワーより高い!

右にあるハンノキ滝は水量が特に豊富な時期しか見られないのだそうです。
6月頃は弥陀ヶ原あたりに積もっている雪が解けた水が多く流れてくるおかげで毎日みられるのですが、他の季節だと大雨が降った翌日などしか現れないのだとか。
高さはなんと497m!スカイツリーの高い方の展望室より上!
…ただし常時存在している滝では無いため、『日本一』にはなれなかったんですね。

滝見大から見る称名滝とハンノキ滝.jpg

滝壺の手前には分厚く雪が残っています。

称名橋と滝見台.jpg

再び少し離れて、滝見台(写真右寄り)と称名橋(写真下部)。
橋の上から二つの滝を眺めると大迫力!…なのですが、
滝の水しぶきが激しくとんでくるためじっとしていると服が濡れてしまいます。

〜〜

いやぁ、とにかくすごかった。
バス停からすこし滝の方に進んだところにあったレストハウスで記念品購入。

帰りのバスも乗客は僕一人。
採算取れてるのか(笑

〜〜

【称名滝探勝バス】
http://www.alpen-route.com/access/vehicle/vehicle10.html
富山地方鉄道立山駅〜称名滝の直通バスで、片道500円/約15〜20分。
4月上旬〜11/10(2012年の場合)と、アルペンルート開通よりやや短い期間しか運行していないので注意!
時刻表はアルペンルート公式サイトで見られます。
posted by MAX CARTER at 14:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 富山県
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
・サイズの大きな写真は複数の写真を並べて合成したものなので、接続部で色合いが違う・わずかなズレが生じている・全体的に湾曲していることがあります。
・このブログは個人が旅行・見学の感想を書いているものであり、記事中に登場する各施設の公式なコンテンツではないことはもちろん、記事中に明記されていない限り各施設を運営する団体・職員とも一切関係ありません。
・価格、所要時間、展示内容その他記事中で紹介されている事項は変更されている場合もあります。必ず各施設の公式サイト等でご確認の上、お出かけください。
・本ブログ記事の情報を利用したことにより直接的あるいは間接的な損害が発生したとしても、当ブログ著者・サイト管理者は一切責任を負いません。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。