2013年06月07日

【オブリビオン】観てきた。

トム・クルーズ主演の話題の大作【オブリビオン】を観てきました。

エイリアン・スカブの侵略をかろうじて退けたものの全土が焦土と化した地球。
人類は大型ステーションを仮の住まいとし、地球を捨ててタイタンに移住する準備を進めていた。
ジャック・ハーパーはパートナーのヴィクトリアとただ2人で地球に残り、地上の監視とエネルギープラントの保守の任務に就いていた。
あるとき、突然宇宙船が墜落。ただ一人の生存者ジュリアは、なぜかジャックの夢にたびたび現れる女性にそっくりだった…。

※ネタバレします。
映像は美しく、メカニック・ガジェットのデザインはスタイリッシュです。

が…

なんとなく残念な印象が。

画面は斬新なのだけど、なぜかどのシーンもどこかで見たような気がする。
ストーリー構成は細かいのに、台詞がたるい。

ラスト近くの母艦突入シーンは【インディペンデンス・デイ】そっくり、
そして『おっさん二人かよ!』と突っ込みたくなるクライマックス。
ジャックが自身を地球人でステーションが地球のものと信じていたのなら、スカヴ側が最初から正体がわかっているのを前提とするかのような対応はおかしいし、実際の状況を把握しているのなら無防備に内部に入れすぎ。『記憶操作』ではなくスカヴの味方をするように『洗脳』してあったつもりなんですかね??

そしてラスト。
うーん、クローンが帰ってきたからよしとするのかなぁ。
クローン全員にオリジナルの記憶が残っていて、ジュリアのことも思い出したのなら問題ないのかなぁ。
それと、ヴィクトリア52号ってその後どうなったんだろう??他のクローンは?ジャックとヴィクトリアが何十人・何百人と残っているような気が。それとも母船破壊とともに各地のタワーが崩壊・バブルシップは墜落して(ドローンは墜落していたし)、たまたま地表をさまよっていたジャック52号だけが生き残った…とか?
posted by MAX CARTER at 18:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
・サイズの大きな写真は複数の写真を並べて合成したものなので、接続部で色合いが違う・わずかなズレが生じている・全体的に湾曲していることがあります。
・このブログは個人が旅行・見学の感想を書いているものであり、記事中に登場する各施設の公式なコンテンツではないことはもちろん、記事中に明記されていない限り各施設を運営する団体・職員とも一切関係ありません。
・価格、所要時間、展示内容その他記事中で紹介されている事項は変更されている場合もあります。必ず各施設の公式サイト等でご確認の上、お出かけください。
・本ブログ記事の情報を利用したことにより直接的あるいは間接的な損害が発生したとしても、当ブログ著者・サイト管理者は一切責任を負いません。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。