2011年10月29日

松代精密地震観測室

象山地下壕を出て、精密地震観測室に向かいます。
距離は2km弱。
地図によると、象山地下壕前を流れている川をさかのぼっていけばほぼ迷わなさそう…

…というか、そもそも道がそれしかありません。

ひたすらまっすぐまっすぐ。
やがて見えてきた小山の脇を回っていくと、精密地震観測室の看板が見えてきました。

少し山を登って到着。
まだ少し受付開始時刻までに余裕があるようなので、
先に展示室を見学。

精密地震観測室・展示室2.jpg

展示室入り口。
松代群発地震について特集したテレビ番組のビデオを視聴。
みのもんたが登場していたのですが…お昼のあの番組かな?

精密地震観測室・展示室1.jpg

地震観測に使われる測定機器が古い物から新しいものまでずらり。
まぁ、ただ並べてあるだけで、動いているところが見られる物はないのですが…。

精密地震観測室・展示室3.jpg

松代群発地震に関する新聞記事など。
松代群発地震とは、1965年から5年間にわたって9回の震度5、48回の震度4をはじめとする6万回もの有感地震が続いたというもの。
これをきっかけに日本の地震予知研究は大きく進歩したのだそうです。

〜〜

この展示室は平日は毎日開放されているそうです。
…とはいえ、これだけのために行くにはあまりにも交通の便が悪いのですが。
タグ:長野県 松代
posted by MAX CARTER at 12:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | 博物館
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
・サイズの大きな写真は複数の写真を並べて合成したものなので、接続部で色合いが違う・わずかなズレが生じている・全体的に湾曲していることがあります。
・このブログは個人が旅行・見学の感想を書いているものであり、記事中に登場する各施設の公式なコンテンツではないことはもちろん、記事中に明記されていない限り各施設を運営する団体・職員とも一切関係ありません。
・価格、所要時間、展示内容その他記事中で紹介されている事項は変更されている場合もあります。必ず各施設の公式サイト等でご確認の上、お出かけください。
・本ブログ記事の情報を利用したことにより直接的あるいは間接的な損害が発生したとしても、当ブログ著者・サイト管理者は一切責任を負いません。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。