2011年10月29日

ふたたび象山地下壕

台風で延期になっていた精密地震観測室見学会のため松代へ行ってきました。

行きのコースは9月に行った時とまったく同じ。特急の便まで同じです。
午前中に松代に到着。

見学会は午後から。
現地までは松代駅から3kmほど。まぁ歩けない距離ではありません。
途中にある象山地下壕を見学していけば時間的には丁度いいかなぁ、と出発。

〜〜

象山地下壕までは1ヶ月前にも一度行っているので迷わず到着。

前回行った時はこちら↓
http://maxcarter.seesaa.net/article/285293100.html

前回見つけられなかったものをちゃんとみつけるのが目標。

象山地下壕・ヘルメット.jpg

入口前のロッカーから自分でヘルメットを取って入ります。
そのままずーっと奥へ。

真っ直ぐ最奥まで行った場合の所要時間はもう判っているので、
今回は慌てずじっくり見学。

象山地下壕・岩に刺さったままの削岩機ロッド.jpg

岩に刺さったまま残された削岩機のロッド。
気付いてしまえば、前回なぜ見落としたのか不思議なくらい目立ちます。

象山地下壕・ロッド跡.jpg

こちらはロッドの跡。
このあたりは土ではなく全体が岩なので、ロッドで穴をあけて爆薬を詰めて掘り進んだようです。

象山地下壕・測点跡.jpg

公開部分の最奧にある測定点跡。
ここからおもりを付けた糸を垂らして水平を量っていたそうです。

前回も近くにある解説パネルをみながら探して見つけられなかったのですが、
小部屋のようになっているスペースのほぼ中央、
照明が当たらず真っ暗な天井の真ん中に角材が数cm飛び出ているのをようやく見つけました。
これを探すには懐中電灯必須です。

写真を撮ろうにも目標が見えず、あまりに暗すぎてピントも自動では合わなかったので、
数十回シャッターを押してようやくきれいに撮影できました…。
タグ:長野県 松代
posted by MAX CARTER at 11:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | 歴史的建築物
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
・サイズの大きな写真は複数の写真を並べて合成したものなので、接続部で色合いが違う・わずかなズレが生じている・全体的に湾曲していることがあります。
・このブログは個人が旅行・見学の感想を書いているものであり、記事中に登場する各施設の公式なコンテンツではないことはもちろん、記事中に明記されていない限り各施設を運営する団体・職員とも一切関係ありません。
・価格、所要時間、展示内容その他記事中で紹介されている事項は変更されている場合もあります。必ず各施設の公式サイト等でご確認の上、お出かけください。
・本ブログ記事の情報を利用したことにより直接的あるいは間接的な損害が発生したとしても、当ブログ著者・サイト管理者は一切責任を負いません。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。