2012年11月14日

【悪の教典】みてきた

とある高校の人気英語教師が実はサイコパスのシリアルキラーで、自分の弱みをつかまれないために同僚教師+生徒の親+クラスの生徒全員を殺しまくるというとんでもない話。
最初のうちは邪魔になった相手一人一人を密かに、堂々と電車の中で首吊りさせる・半田ごてで拷問・火災で焼死させる・自殺に見せかけて屋上から突き落とす…など趣向を凝らして殺していくのだけど。
最後の『突き落とす』殺人の直後、屋上から立ち去ろうとしたところを別の女子に見られ、咄嗟に殺してしまったことから計画が破綻。口封じのため学園祭準備で夜まで校舎内に残った生徒全員をひたすら猟銃で撃ち殺していくという血しぶき満載の展開に。

原作未読で先が読めません。なんとなくメインっぽい女子は生き残るかな…という気はしたのですが、それすら裏切られるかも知れず。予告編で真っ先に殺されていたメガネの女子以外はだれがどういう順番で死ぬか判らないままけっこうドキドキで観ていました。

生徒たちのうち、生き残れる物はいるのか…?
これから観る人も最後までドキドキして下さい。

血しぶきがバトロワの頃よりリアルになっています。
が、連発しすぎて途中から感覚が麻痺して笑えてきます。
あーだめだ、自分もシリアルキラーの素質があるんかいな。

というわけで、血しぶきが嫌いでない人には面白い、かも…?

〜〜

ところで、主人公の殺人鬼・蓮見は『天才的な頭脳と鍛え抜かれた肉体』の持ち主とされているんですが。演じる伊藤英明ってあんまり利口そうに見えないんですよね。

そのせいで、前半の『完全犯罪』も行き当たりばったりの杜撰な物に見え、たまたま、あるいは周囲が愚かすぎて上手くいってしまったようにしか見えません。そして伊藤英明裸になりすぎ。何度全裸になってるんだコイツは。そのせいもあってか、サイコパスと言うよりナルシストの脳内筋肉男に思えてしまいます。
『エクセレーント!』の台詞もなんとなくバカっぽい。ハーバード大卒の設定なんですが。

〜〜

キャストネタ。
田原俊彦の娘がチョイ役で、ダルビッシュの弟がそこそこ出番の多い役で出ているそうです。
序盤の職員会議のシーンで蓮見に『頑張って下さい、期待しています』と声をかけている教師は、なにかカギになるキャラクターなのかと思いきやその後まったく出てきません。何だったのかと思ったら…なんと原作者だそうです。
posted by MAX CARTER at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
・サイズの大きな写真は複数の写真を並べて合成したものなので、接続部で色合いが違う・わずかなズレが生じている・全体的に湾曲していることがあります。
・このブログは個人が旅行・見学の感想を書いているものであり、記事中に登場する各施設の公式なコンテンツではないことはもちろん、記事中に明記されていない限り各施設を運営する団体・職員とも一切関係ありません。
・価格、所要時間、展示内容その他記事中で紹介されている事項は変更されている場合もあります。必ず各施設の公式サイト等でご確認の上、お出かけください。
・本ブログ記事の情報を利用したことにより直接的あるいは間接的な損害が発生したとしても、当ブログ著者・サイト管理者は一切責任を負いません。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。