2011年09月28日

黒部ダムから関電トンネルトロリーバスで扇沢へ

アルペンルート最後の乗物は【関電トンネルトロリーバス】。
現在、日本国内で営業運転しているトロリーバスは室堂と大観峰を結ぶ【立山トンネルトロリーバス】とこの【関電トンネルトロリーバス】の2ヶ所のみ。

関電トンネルトロリーバス.jpg

3〜4台の車列を組んでの運行。
こちらもトンネルはバス1台がギリギリ通れる幅しかありません。

関電トンネルトロリーバス・県境と破砕帯.JPG

この関電トンネルの途中に、富山県と長野県の県境があります。
写真では字が読み取りづらくなってしまいましたが黄色いランプが灯っている場所が県境です。
その奥、青いランプが灯っている場所が工事の難所だった破砕帯です。

関電トンネルトロリーバス・架線.jpg

関電トンネルトロリーバスは、扇沢バス停付近ではトンネルから外に出ます。
地面は普通の道路なのに上には架線があるので妙な感じです。

〜〜

16:50、扇沢到着。
立山駅を出発したのが7:00ですから、ほぼ10時間の旅でした。
普通の人は6〜7時間で通過するようですが…途中の交通期間はすべて待ち時間なしで乗れたのに、どんだけのんびり遊びながら進んだんだ自分(笑

天候は快晴で気温は低めという、散策にはベストな天候に恵まれた最高のアルペンルート旅行となりました。

〜〜

扇沢〜信濃大町路線バス.jpg

扇沢からJR信濃大町まで向かう路線バスに乗車。
途中の大町温泉郷で一泊します。
posted by MAX CARTER at 16:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | 交通
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
・サイズの大きな写真は複数の写真を並べて合成したものなので、接続部で色合いが違う・わずかなズレが生じている・全体的に湾曲していることがあります。
・このブログは個人が旅行・見学の感想を書いているものであり、記事中に登場する各施設の公式なコンテンツではないことはもちろん、記事中に明記されていない限り各施設を運営する団体・職員とも一切関係ありません。
・価格、所要時間、展示内容その他記事中で紹介されている事項は変更されている場合もあります。必ず各施設の公式サイト等でご確認の上、お出かけください。
・本ブログ記事の情報を利用したことにより直接的あるいは間接的な損害が発生したとしても、当ブログ著者・サイト管理者は一切責任を負いません。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。