2011年09月28日

黒部ダム2

黒部ダム、レストハウスなどのある東側(扇沢側)に到着。
とりあえずふぉっとだむの写真を申し込んでから周辺散策。

黒部ダム・殉職者慰霊碑.jpg

有名な黒部ダム殉職者の慰霊碑。
黒部ダム建設は大変な難工事で、171名もの殉職が出てしまったそうです。

この近くには黒部ダムについての説明プレートもあります。

〜〜

ここらでちょっと甘い物でも食べたくなってきたので…

黒部ダム・ダムダム君ソフト.jpg

黒部ダム名物?ダムダム君ソフト400円。
パフェ風にごてごてと飾られています。
数量限定らしいのですが、15:30の時点でも買えました。
さすがに外のベンチではソフトクリームを食べるにはちょっと寒いか…

まぁ、ソフトクリームは普通なのですが、カップの下の方に『ライチョウの里』という立山の名物土産がコロコロ入っているのがアピールポイントかな…。

黒部ダム・新展望広場.jpg

次はダムの放水を間近から見られる【新展望広場】。
レストハウス前から階段を下った場所にあります。

黒部ダム・新展望台広場より.jpg

新展望台広場からみた黒部ダム。
さすがに放水される側から見るとすごい迫力。
放水口からは200mくらいあるはずですが水しぶきが飛んできます。
カメラのレンズに水滴がついてしまう心配をするほど。

新展望広場にもふぉっとだむの端末があります。
こちらでも1枚撮ってしまいました。

〜〜

今度はダムを見下ろす展望台に上ってみました。
外階段を250段…ちょっと大変です。

黒部ダム・放水2.jpg

階段の途中から1枚。
…新展望広場からの写真と多少角度が違うだけですが。

黒部ダム・コンクリートバケット.jpg

階段の途中に工事で使われたコンクリートバケット、
吊り上げ用フック、クレーンのケーブルなどが展示されています。

雨ざらしのためか錆びてしまって、
展示と言うよりは放置されているだけのようにも見えてしまいますが…

黒部ダム・展望台売店より.jpg

ようやく展望台到着。
休憩所・喫茶コーナーになっています。
ここでは湧き水で淹れたコーヒーが人気だそうです。

さらに屋上にも出られますが、さすがに250段を一気に上ってもう脚が…。

黒部ダム・地下通路.jpg

今度は地中にある220段の階段を下って黒部ダム駅に向かいます。
このときは人通りがまったくなく、何の装飾もないコンクリートの壁に配線配管向きだしが続く通路は秘密基地のような雰囲気。

ところどころに貼ってある動物のイラスト(この写真の左端にも)がマスコットキャラクター、先ほど食べたソフトクリームの名前にもなっていた【ダムダム君】。
モデルはオコジョだそうです。本物のオコジョは見たことがないんですが。

黒部ダム・破砕帯の湧水.jpg

階段の途中には湧き水があり、飲めるように柄杓も用意されていました。
黒部ダム建設中でも最大の難所の一つ、現関電トンネルの破砕帯の湧き水だそうです。

黒部ダム・ダム模型.jpg

関電黒部ダム駅到着。
トロリーバス待合室には黒部ダムの模型がありました。
1/186、実際に水が流れる力作ですが、この前で足を止める人もなく照明すら当たっていません。

黒部ダム・IEEEマイルストーン認定証.jpg

黒部川第4発電所は『IEEEマイルストーン』に認定されているのだそうです。
IEEEマイルストーンとは電気・電子・通信・情報の分野における歴史的偉業を表彰するもの。
認定証が飾られています。

〜〜

僕の持っていた乗車券は立山〜黒部湖間のものだったので、今夜の宿泊地である大町温泉郷までの乗車券を購入。

次はいよいよ最後、関電トンネルトロリーバスで扇沢へ向かいます。
posted by MAX CARTER at 16:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 歴史的建築物
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
・サイズの大きな写真は複数の写真を並べて合成したものなので、接続部で色合いが違う・わずかなズレが生じている・全体的に湾曲していることがあります。
・このブログは個人が旅行・見学の感想を書いているものであり、記事中に登場する各施設の公式なコンテンツではないことはもちろん、記事中に明記されていない限り各施設を運営する団体・職員とも一切関係ありません。
・価格、所要時間、展示内容その他記事中で紹介されている事項は変更されている場合もあります。必ず各施設の公式サイト等でご確認の上、お出かけください。
・本ブログ記事の情報を利用したことにより直接的あるいは間接的な損害が発生したとしても、当ブログ著者・サイト管理者は一切責任を負いません。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。