2011年09月28日

黒部湖遊覧船ガルベ

【黒部湖】駅到着は14時過ぎ。

駅全体がトンネルの中です…と書くと地下鉄の駅もそうだろ、と言われてしまうかな。
一般的な地下鉄の駅では線路のあるトンネル部分以外は普通のビルの地下室と同じように壁は鉛直・天井は水平な平面の所が多いですが、ここでは先に円筒形のトンネルを掘って、その中に駅施設としての備品を運び込んだようになっています。荷重が大きいためでしょうか。

9月…まだ市外地は暑さが残る時期ですが、待合室には『暖房中』の文字が。
…いやさすがにそこまで寒くないのですが、外し忘れかな。

〜〜

外へ出ると目の前にダムえん堤が続いているのですがそちらへは向かわず、黒部湖岸に沿った道に折れて遊覧船乗り場へ。

遊覧船【ガルベ】待合室は少々混雑していました。
が、幸いすぐ次の14:20発の便にまだ余裕がありました。

ガルベ.jpg

【黒部湖遊覧船ガルベ】は80人乗り(シートは46人分、34人は後部デッキで立ち乗り)。
速力13.5ノット、発着場から黒部湖の上流にむかって4〜5kmほどの距離を30分かけて往復します。

【ガルベ】は【黒部】の語源となったアイヌ語からつけられたそうです。
標高1440m、日本で最も高い場所で運行する遊覧船です。

ガルベから見る黒部湖岸.jpg

シートは確保できたのですが、窓ガラスがキタナイので結局後部デッキに出てしまいました。
山の緑がキレイ!
風が気持ちいい!

ガルベの後方にはダムえん堤.jpg

この写真の中心付近、ずっと奥に黒部ダムのえん堤が見えています。

ガルベから見る小屋.jpg

このあたりがガルベ遊覧コースの一番奧。
黒部湖に突き出した岬の上には展望台があります。

ガルベ乗り場前からここまで遊歩道が続いていているようです。
…今回は往復10km歩く根性も体力も時間もありませんが。

ガルベから見るダムえん堤.jpg

再びダムえん堤付近まで戻ってきました。
えん堤が手前側に膨らんで湾曲しているのが判ります。
…こちら側からだと実感できませんが、あの向こうは高さ186mの断崖絶壁なんですよね。

右手には【黒部ダム展望台】が見えています。

…というわけで30分があっという間の水上散歩でした。

カンパ谷吊り橋.jpg

ガルベ待合室近くの【カンパ谷吊り橋】。
ここから湖畔遊歩道がずっと続いています。

今回はそちらへは進まず(そろそろ体力がw)、次はダムの方へ…。

〜〜

【黒部ダム湖上遊覧船ガルベ】
http://www.kurobe-dam.com/garve/index.html
運行期間:6/1〜11/10
料金:大人930円、子供470円
posted by MAX CARTER at 14:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | 景勝地
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
・サイズの大きな写真は複数の写真を並べて合成したものなので、接続部で色合いが違う・わずかなズレが生じている・全体的に湾曲していることがあります。
・このブログは個人が旅行・見学の感想を書いているものであり、記事中に登場する各施設の公式なコンテンツではないことはもちろん、記事中に明記されていない限り各施設を運営する団体・職員とも一切関係ありません。
・価格、所要時間、展示内容その他記事中で紹介されている事項は変更されている場合もあります。必ず各施設の公式サイト等でご確認の上、お出かけください。
・本ブログ記事の情報を利用したことにより直接的あるいは間接的な損害が発生したとしても、当ブログ著者・サイト管理者は一切責任を負いません。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。