2011年09月28日

血の池、登り地獄(笑

室堂平・雷鳥沢.jpg

ロッジ立山連峰の横を通り過ぎると、なだらかな土地が広がっています。
写真だとスケールがよく判らないかもしれませんが、人の姿を見れば判る通り相当広いです。

ここが雷鳥沢。
キャンプができるようです。

また上り.jpg

遊歩道はここで階段に。
うわ…高い…。

そりゃ、この場所は出発点より140mも低いのですから、
元の場所に戻るためには140m上らなければ行けません。

りんどう池.jpg

息を切らせながら階段を上りきると【雷鳥荘】、
そしてその脇を抜けた先に見えたのがこの【りんどう池】。
みくりが池に比べると小ぶり。

血の池.jpg

さらに少し歩いて【血の池】。
小さな池がいくつもあります。
鉄が含まれているため水が赤く見えるのだそうです。

血の池とりんどう池の間の道.jpg

尾根の上の遊歩道を進みます。
この写真の右手にりんどう池、左手に血の池があります。

このあたりまでくれば、もう急な登り下りはありません。
あと2〜300mほど進めば最初に通ったみくりが池温泉にも近い【エンマ台展望台】です。

室堂平・ライチョウ.jpg

エンマ台展望台から、みくりが池を挟んで最初に通ったのとは反対側の道を進んでいると…
道の傍らのハイマツの根元を歩くライチョウ発見!
しばらく見ていると外に出てきてくれました。

生でライチョウを見られてラッキー。

室堂平・立山連山.jpg

立山連峰の最高峰、雄山他。
青空!
山が近い!
麓から見上げるのと違い、山肌がくっきりと見えます。
こういう見え方をするような場所に来ることがほとんど無かったので新鮮な感覚。

みどりが池.jpg

【みどりが池】までたどり着きました。
遊歩道一周まであと少し。

いつもならこれだけ歩けばシャツが絞れるほど汗をかくのですが、
今回は気温の低さに助けられています。
posted by MAX CARTER at 11:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 景勝地
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
・サイズの大きな写真は複数の写真を並べて合成したものなので、接続部で色合いが違う・わずかなズレが生じている・全体的に湾曲していることがあります。
・このブログは個人が旅行・見学の感想を書いているものであり、記事中に登場する各施設の公式なコンテンツではないことはもちろん、記事中に明記されていない限り各施設を運営する団体・職員とも一切関係ありません。
・価格、所要時間、展示内容その他記事中で紹介されている事項は変更されている場合もあります。必ず各施設の公式サイト等でご確認の上、お出かけください。
・本ブログ記事の情報を利用したことにより直接的あるいは間接的な損害が発生したとしても、当ブログ著者・サイト管理者は一切責任を負いません。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。