2011年09月28日

高原バスで室堂ターミナルへ

【弥陀ヶ原】を出発した高原バスは、途中【天狗平】を経由して【室堂ターミナル】へ向かいます。

ソーメン滝.jpg

途中、【天狗平】バス停付近から見た【ソーメン滝】。
立山地獄から湧き出ているお湯が流れ落ちている滝。
落差130mとかなり大きな滝で遠目には美しいのですが、付近には有毒な火山性ガスが溜まっていることがあるので迂闊に近づいてはいけないとのこと。

このあたりはずっと上り坂。
GPSを見ているとみるみる高度が上がっていきます。

室堂ターミナル・全景.jpg

そして高原の向こうに見えてきた【室堂ターミナル】の建物。
手前に見える白い部分は雪が残っているのでしょうか?

〜〜

9:30【室堂ターミナル】到着。
バスを降りた瞬間、かすかに感じる硫黄臭。
建物に入ってしまうと臭いはほとんどなかったのですが、この日は立山地獄のガスがやや多めだったそうです。

室堂ターミナル・待合フロア.jpg

室堂ターミナルにはホテル、大きなレストランといくつかの飲食スタンド、土産物店、高原バスとトロリーバスの改札・待合室があります。建物は少々古びていますが、ここが標高2400mの山の上だということを忘れてしまいそうなほど大規模な施設です。
到着の時点ではまだ飲食店は開店していませんが、改札と土産物店は既に賑わっています。

ハイキングコースは建物屋上から出るということなので、上へ…。

立山碑.jpg

というわけで室堂平に出てきました。
【中部山岳国立公園・立山】
標高2450mとあります。
僕が今までに来たことがある中では断トツに高い場所です。

これまでの最高は…筑波山山頂かな?
あれは900m弱だから一気に3倍。

立山玉殿の湧水.jpg

出発点の近くにある湧き水、【立山玉殿の湧水(たてやまたまどののゆうすい)】。
万年雪が地中に染みこみ、長い年月をかけて濾過されて湧き出した天然のミネラルウォーター。しかも真夏でも水温5℃。ちょうど冷蔵庫で冷やしたような温度を保っています。

この場で喉を潤すもよし、水筒が空なら汲んでいくもよし…。
水量も豊富です。

室堂ターミナル屋上.jpg

振り返って一枚。
画面中央にある小さな階段の向こう側の平らな部分が室堂ターミナルの屋上です。

〜〜

ここまでの乗り継ぎが上手く行きすぎて(笑)、予定より2時間早く室堂平に到着。
当初は上り下りのほとんどない範囲、【みくりが池】を回る約2kmのコースだけを歩く計画だったのですが、時間も体力も充分にあるので【地獄谷】も回る倍の長さのコースに変更。
では出発。
posted by MAX CARTER at 09:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | 景勝地
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
・サイズの大きな写真は複数の写真を並べて合成したものなので、接続部で色合いが違う・わずかなズレが生じている・全体的に湾曲していることがあります。
・このブログは個人が旅行・見学の感想を書いているものであり、記事中に登場する各施設の公式なコンテンツではないことはもちろん、記事中に明記されていない限り各施設を運営する団体・職員とも一切関係ありません。
・価格、所要時間、展示内容その他記事中で紹介されている事項は変更されている場合もあります。必ず各施設の公式サイト等でご確認の上、お出かけください。
・本ブログ記事の情報を利用したことにより直接的あるいは間接的な損害が発生したとしても、当ブログ著者・サイト管理者は一切責任を負いません。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。