2011年09月28日

アルペンルートへ!

今日は、1日かけて今回の主目的である【アルペンルート横断】に挑戦します。

アルペンルートとは、富山県の立山駅から長野県の信濃大町駅まで、立山連峰を突っ切るコース。
ケーブルカー、高原バス、トロリーバス、ロープウェイなど様々な乗り物を乗り継いでいく楽しみ、高原をハイキングする楽しみ、山の景色を見る楽しみなどいろいろな楽しみ方のある人気観光地です。

そろそろ紅葉目当ての観光客が多くなる季節。
混雑期には乗り換え毎に1時間以上の待ち時間が発生することも…と聞いていたのですが、はたしてどうなることやら…。まぁ当日も前後も祝日でもなんでもない水曜日なので、たぶん観光客は少ないと思うのですが…。

富山駅前.jpg

富山地方鉄道の立山方面始発に乗るべく、早朝5:20に電鉄富山駅に到着。
まだ夜明け前です。

富山駅前・郵便ポスト.jpg

ふと目に付いた富山駅前の郵便ポスト。
駅前郵便ポスト上にご当地の何かがおかれているのは定番のようです。
(遠野のカッパ、岡山の桃太郎、徳島の阿波踊りetc…)
この行商人風の男は…薬売りでしょうね。

〜〜

駅近くのコンビニで食料や飲み物を買って、立山までの切符を買って…

カメラ、雨具、タオル、地図やガイドブックなど必要最小限の物だけ残し、それ以外の荷物は電鉄富山駅の改札で『荷物回送サービス』を依頼しました。
大町温泉郷に宿泊する場合は宿まで直接届けてもらえます。1200円。
それ以外の場合はJR信濃大町駅前の観光案内所で受け取ることができます。

身軽になったところでホームへ。
立山方面の始発、5:44発の急行立山行きに乗車。

富山電鉄の車窓より.jpg

窓から見える景色が地方都市から田舎町、そして山だの川だのばかりになり…
6:32に立山駅到着。

立山駅.jpg

今回は立山ケーブルカーの始発便をネットで予約してありました。
立山駅前の観光案内所で切符を受け取り…最初間違えて切符購入窓口の列に並んでしまいました(笑)

午前7時前ですが、立山駅の売店は既に営業していました。
少し余裕があるのでスタート地点の記念品として駅毎にスタンプが押せるスタンプ帳を購入。

改札前には長蛇の列ができていますが、チケットに乗車する便の発車時刻が明記されているので、慌てなくても乗れます。
僕は7時の便(始発)。乗客が多いのでその10分後に臨時便が出るとアナウンスされています。

立山ケーブルカー・立山駅.jpg

ケーブルカーのホーム。
傾斜がかなり急です。

ケーブルカーの車両の下に台車のようなものがついています。
これはかつて建築資材を運ぶために利用された貨物車で、いまは観光客が大型の荷物を持っていた場合に使われてます。貨物車を連結したケーブルカーは全国でも珍しい物だそうです。

ケーブルカーはさすがに混雑。
座れませんでしたが…まぁ、10分かそこいらしか乗らないので大した問題ではありません。

7:00、いよいよ出発。
アルペンルート横断のスタート。
posted by MAX CARTER at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
・サイズの大きな写真は複数の写真を並べて合成したものなので、接続部で色合いが違う・わずかなズレが生じている・全体的に湾曲していることがあります。
・このブログは個人が旅行・見学の感想を書いているものであり、記事中に登場する各施設の公式なコンテンツではないことはもちろん、記事中に明記されていない限り各施設を運営する団体・職員とも一切関係ありません。
・価格、所要時間、展示内容その他記事中で紹介されている事項は変更されている場合もあります。必ず各施設の公式サイト等でご確認の上、お出かけください。
・本ブログ記事の情報を利用したことにより直接的あるいは間接的な損害が発生したとしても、当ブログ著者・サイト管理者は一切責任を負いません。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。