2011年09月27日

高岡城2

本丸を過ぎてまた堀の方へ。

高岡城・堀.jpg

このように高岡城の堀は規模が大きく、城の周囲を一周する観光船も運行されているそうです。
…ということで乗り場に行ってみたのですが、残念ながらこの日はイベント準備のため運休でした。

高岡城・朝陽の滝.jpg

本丸から堀に注ぐ【朝陽の滝】。
滝としては小規模ですが、島状の本丸のどこに水源があるのでしょう?

高岡城・小竹薮.jpg

高岡城の北東の端、というかもう城外の扱い?になる【小竹薮】。
ここも広場になっています。散歩している人も。

高岡城・夕日の曲碑.jpg

小竹薮の傍ら、木に隠れるように建つ【夕日の歌の碑】。
葛原しげる作詞、室崎琴月作曲。
『ぎんぎんぎらぎら夕日が沈む…』
というアレです。
作曲者の室崎琴月氏が高岡の出身なのですね。
この碑は歌詞だけではなく楽譜付きです。

高岡城・民部の井戸1.jpg

【三の丸】には現在、市民体育館と公園管理事務所、売店、休憩所があります。
売店で記念品など購入。

売店の前には【民部の井戸】があります。
三の丸の別名が【民部丸】というのだそうです。

高岡城・民部の井戸2.jpg

民部の井戸のアップ。
前田利長が築城家としても有名だった高山右近に命じて作った物で、城内で最大規模の井戸だそうです。

三の丸から【明丸】へわたると、そこはなぜか動物園になっています。
『城址公園に動物園』が定番だった時代があるんですかね???
先日見学した小諸城や昨年訪れた和歌山城にも動物園がありましたし、たしか小田原城にも象や猿がいたような憶えが…。
歴史的な遺産を保存復元するというより、公園を作るのだから『誰にでも楽しい物』ものにしなければ…という発想だったのでしょうか。

高岡城・動物園・ペンギン.jpg

高岡城・動物園・馬.jpg

高岡城・動物園・サル.jpg

高岡城・動物園・ヤマアラシ.jpg

高岡城・動物園・フラミンゴ.jpg

うーん、まぁまぁ動物の種類はあるのですが。
目玉になるような大型動物や珍しい動物がないのが弱いのかなぁ。
散歩のついでに見ていく、という人すら少ない感じです。
平日の真っ昼間なので当然かもしれませんが。

高岡城・動物園・アンパンマン?.jpg

なぜかアンパンマンのような、そうでもないような…。

動物園の一角には【自然資料館】があります。
小規模な施設ですが、オオサンショウウオやセンザンコウなどの標本が展示されています。

高岡城・動物園・自然資料館.jpg

動物園および自然資料館への入場は無料でした。
posted by MAX CARTER at 14:30 | Comment(0) | TrackBack(0) |
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
・サイズの大きな写真は複数の写真を並べて合成したものなので、接続部で色合いが違う・わずかなズレが生じている・全体的に湾曲していることがあります。
・このブログは個人が旅行・見学の感想を書いているものであり、記事中に登場する各施設の公式なコンテンツではないことはもちろん、記事中に明記されていない限り各施設を運営する団体・職員とも一切関係ありません。
・価格、所要時間、展示内容その他記事中で紹介されている事項は変更されている場合もあります。必ず各施設の公式サイト等でご確認の上、お出かけください。
・本ブログ記事の情報を利用したことにより直接的あるいは間接的な損害が発生したとしても、当ブログ著者・サイト管理者は一切責任を負いません。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。