2011年09月27日

高岡城1

高岡大仏の次は高岡城へ。
富山県内で唯一の日本100名城です。
初代加賀藩主前田利長の隠居城だったのが、利長の死後に一国一城令により廃城。
しかし密かに軍事拠点としての機能は維持され続けた…というものです。

高岡城・駐春橋.jpg

高岡大仏から一番近い入口がこの【駐春橋】。
高岡城は大規模な堀に囲まれているので、東側の小竹芝広場以外の各エリアはすべて橋を渡ってのアクセスになります。

高岡城・全体図.jpg

地図でみると、湖の中に【本丸】【二ノ丸】【三ノ丸】【明丸】【鍛冶丸】という5つの島が浮いているようにも見えます。

高岡城・市民会館.jpg

駐春橋を渡った場所は城址公園の南西の端、【二ノ丸】。
南北に細長い島で、いまは市民会館があります。

高岡城・望ましき県民像.jpg

市民会館近く。
地図に【望ましき県民像】と書かれていたので何らかの像があるのかと思ったら心構えが記された碑が(笑)。高岡城内には多数の像があるのに、これは紛らわしい…

『一  わが富山県民は
 郷土のよい伝統を学び
 自らの長短を反省し
 風土と人情を美しくする
  これがわれらの願いである』

とかなんとか。

〜〜

市民会館前を通り過ぎて土橋を渡ると【本丸】です。
この土橋は城時代の遺構で、石垣が保存されています。
本丸側の周に沿う散策路に下りると石垣を観測しやすくなります。

高岡城・石垣の刻印.jpg

石に『△』や『φ』のような刻印が見えます。
キリシタンに関係があるとか、石工が目印につけたものだとかいろいろ説があるそうです。

高岡城・射水神社.jpg

本丸の南半分は【射水神社】になっています。
この奥には市営の弓道場があるそうです。

高岡城・国技像.jpg

神社の近くには相撲場も。
相撲場の手前にあった【国技】の像。

〜〜

神社の鳥居前を左折して高岡城本丸の北側へ回ります。

高岡城・本丸広場.jpg

そこは…広場。ひたすら広場。本丸屋敷などはまったく残っていません。

※写真を見て改めて:天気に恵まれた旅行だったなぁ…。

が。
この広場の外周に沿って、なぜか近代美術作品が多数並んでいます。
いくつか紹介すると…

高岡城・本丸広場・澤田政廣『レダ』.jpg

澤田政廣『レダ』。
ギリシャ神話のなかの1エピソードですね。
白鳥はゼウスが変身した姿で、(例によって)人妻レダにちょっかいを出しているところ。

高岡城・本丸広場・朝倉文夫『競技前』.jpg

朝倉文夫『競技前』。
水泳の競技前、と解説が付いていますが、水着すら着けていません(笑
古代ギリシャの競技のイメージでしょうか。

高岡城・本丸広場・冨永直樹『私の家族』.jpg

冨永直樹『私の家族』。
母子3人が仲良く公園へ。
男の子はサッカーが好きなのでしょうか。これから友達を捜して遊ぼうとしているのか、ひとしきり遊んで疲れて戻ってきたところか…。

どういう基準で作品・作家が選ばれているのかはよくわかりません。
地元出身というわけでもないようなのですが。

高岡城・石垣の石.jpg

これは現代彫刻ではなく、河床から引き上げられた高岡城の石垣の石だそうです。
よく見ると切り出しのための穴などが残っているのがわかります。

高岡城・前田利長公像.jpg

これは現代彫刻ではなく…いや現代彫刻には違いないのか?
前田利長公の騎馬像です。
広場の一番奧、一段高くなった場所に立っています。

兜が長い!
遠くからでもどこに大将がいるか丸わかりになってしまう気が…。

高岡城・児童公園.jpg

彫刻のある広場の裏手には子供向けの遊具がおかれた公園がありました。

…このあたりに天守台跡があるはず…
posted by MAX CARTER at 13:30 | Comment(0) | TrackBack(0) |
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
・サイズの大きな写真は複数の写真を並べて合成したものなので、接続部で色合いが違う・わずかなズレが生じている・全体的に湾曲していることがあります。
・このブログは個人が旅行・見学の感想を書いているものであり、記事中に登場する各施設の公式なコンテンツではないことはもちろん、記事中に明記されていない限り各施設を運営する団体・職員とも一切関係ありません。
・価格、所要時間、展示内容その他記事中で紹介されている事項は変更されている場合もあります。必ず各施設の公式サイト等でご確認の上、お出かけください。
・本ブログ記事の情報を利用したことにより直接的あるいは間接的な損害が発生したとしても、当ブログ著者・サイト管理者は一切責任を負いません。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。