2011年09月04日

上田城2

続いて【門櫓】。
先ほどくぐった東虎口門の真上の部分です。
中は通り抜けできる1部屋で、いまはビデオ上映コーナー&数点の展示があります。

上田城・門櫓.jpg

門櫓を内側から見るとこんな感じ。

上田城・門櫓・鯱.jpg

展示物の一つ、鯱。上田城跡から出土したものを参考に作られた復元品。
金箔が用いられています。

真田氏の時代にはこのような金箔の施された瓦が使用されていましたが、関ヶ原合戦後に入城した仙石氏によってすべて破却されてしまいました。
現在残っている建物は主に仙石氏の時代に建てられたものです。

それでもいまは『真田の城』として観光名所になっているのですから、世の中どうなるかわからないものです。

上田城・北櫓・外観.jpg

【北櫓】。
距離が取れないため全体がフレームに入りきらなかったのですが、南櫓と双子のようによくにた建物であることは判ると思います。

上田城・北櫓1階・真田親子.jpg

北櫓1階にはこのような実物大人形が。
中央が真田昌幸、右が信繁(幸村)、左が幸昌(大助、信繁の子)の親子三代。

関ヶ原の合戦の頃にはまだ幸昌は生まれていないので、こんな場面が上田城で見られたわけではないでしょう。

上田城・北櫓2階.jpg

北櫓2階。
写真で仙石氏や松平氏についてちょっとだけ解説。

上田城・北櫓2階・懸魚.jpg

やや殺風景な2階の展示の中で目を引いたのがこれ。
形といい大きさといい昔懐かしいゲイラカイトによくにていますが、木製。
糸をつけて跳ばすのはちょっとムリかな…。

これは懸魚(げぎょ)といって、破風(三角屋根の端面)の頂点の部分に取り付ける飾り板です。

上田城・懸魚説明用.jpg

この写真の位置にあるのが懸魚です。
これは西櫓にあったもので、安政6年(1859年)の制作。
昭和時代に櫓が修理された際に新しい物と交換されました。
posted by MAX CARTER at 09:10 | Comment(0) | TrackBack(0) |
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
・サイズの大きな写真は複数の写真を並べて合成したものなので、接続部で色合いが違う・わずかなズレが生じている・全体的に湾曲していることがあります。
・このブログは個人が旅行・見学の感想を書いているものであり、記事中に登場する各施設の公式なコンテンツではないことはもちろん、記事中に明記されていない限り各施設を運営する団体・職員とも一切関係ありません。
・価格、所要時間、展示内容その他記事中で紹介されている事項は変更されている場合もあります。必ず各施設の公式サイト等でご確認の上、お出かけください。
・本ブログ記事の情報を利用したことにより直接的あるいは間接的な損害が発生したとしても、当ブログ著者・サイト管理者は一切責任を負いません。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。