2011年09月03日

池田満寿夫美術館

松代での最後の見学は【池田満寿夫美術館】。
駅のすぐ近く、昼食を食べた【竹風堂】の隣の建物です。

池田満寿夫美術館.jpg

池田満寿夫といえば日本の現代美術家として大変有名で、
絵画、版画、彫刻、映画監督などマルチな才能を発揮した人。

なぜこんな場所にその名を冠した美術館があるのかというと、彼は長野市の出身なんですね。

〜〜

池田満寿夫氏の名前はよく知っていましたが、実は作品はほとんど見たことがありません。
…今回見ただけでも、同じ作者のものかと思うほど違う作風を使い分けていました。

ファッション雑誌などから得たパーツを元にしたコラージュ。
女性の身体の一部や女性用の靴をモチーフにした作品が何点か、元になったと思われるファッション雑誌とともに展示されています。
同じ素材に違うアレンジを施して何点か作品を作ることがあったようです。

続いて、ピカソを思わせる絵画。
これらが一番『絵画』らしい作品群…?

そして、何が描かれているのか判別が難しい、ぐちゃぐちゃした線。
…って、判らないのは僕に美術の心得のないせいか。

〜〜

手法はいろいろでしたが、描いている対象は『女性』…とくに性的なイメージが多いようです。
『エロスの作家』と呼ばれることもあるようで…。

うーん、官能的?
判りやすいヌード画もあるのですが、
抽象化したものが多かったような気が。

というわけで、規模は小さいですが、グッズ売り場が充実・喫茶室もあるきれいな美術館でした。

〜〜

まぁそれなりに楽しんで、松代見物はおしまい。

長野電鉄〜しなの鉄道と乗り継いで、宿を取ってある上田に移動します。

電車の中から見る松代城.jpg

最後に電車の窓からもういちど松代城を。

上田までは約50分。
2012年4月からは長野電鉄屋代線が廃止されてしまうため、松代には長野または屋代からバスでアクセスすることになります。…所要時間はどうなるんでしょう?
posted by MAX CARTER at 17:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 美術館
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
・サイズの大きな写真は複数の写真を並べて合成したものなので、接続部で色合いが違う・わずかなズレが生じている・全体的に湾曲していることがあります。
・このブログは個人が旅行・見学の感想を書いているものであり、記事中に登場する各施設の公式なコンテンツではないことはもちろん、記事中に明記されていない限り各施設を運営する団体・職員とも一切関係ありません。
・価格、所要時間、展示内容その他記事中で紹介されている事項は変更されている場合もあります。必ず各施設の公式サイト等でご確認の上、お出かけください。
・本ブログ記事の情報を利用したことにより直接的あるいは間接的な損害が発生したとしても、当ブログ著者・サイト管理者は一切責任を負いません。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。