2011年09月03日

象山神社

地下壕を出たあたりで小雨が…

山寺常山邸.jpg

移動経路上にあった【山寺常山邸】。
山寺家は松代藩の中級武士。山寺常山は江戸時代末期の人物で、寺社奉行や群奉行を務め、明治維新後は中央政府の招きを固辞し、塾を開いて教育に努めた人物だそうです。

現在は無料休憩所&案内所として開放されています。
長屋門、土蔵が外観復元されて中は展示室や休憩室に、
書院は集会室や茶室として利用されています。空いているときは見学できるようです。
トイレなどの施設は平成17年完成なので状態はよいです。

〜〜

象山神社・鳥居.jpg

駅の方へ戻る途中、【象山神社】に寄りました。
松代藩の学者、佐久間象山を祀っています。

※一般に『象山』は『しょうざん』と読まれることが多いのですが、
※地元では『ぞうざん』と読まれています

象山神社・象山銅像.jpg

鳥居の前に置かれている佐久間象山の像。
騎乗で躍動的な姿。

象山神社・本殿.jpg

神社の境内。
駅から遠いためか参拝する人も少ないようで静かです…。

象山神社・旧佐久間邸跡.jpg

象山神社に隣接する佐久間象山生誕之地。
象山が暗殺されて佐久間家が断絶となり、屋敷はすべて取り壊されてしまいました。
現在は屋敷の形は地面に石を並べて示されています。
残っている遺構は写真中央部にみえる井戸だけです。

象山神社・煙雨亭.jpg

神社境内にのこる煙雨亭。
象山が暗殺される前2ヶ月を過ごした京都の煙雨楼の茶室をここに移築した物だそうです。
posted by MAX CARTER at 15:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 寺社・教会
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
・サイズの大きな写真は複数の写真を並べて合成したものなので、接続部で色合いが違う・わずかなズレが生じている・全体的に湾曲していることがあります。
・このブログは個人が旅行・見学の感想を書いているものであり、記事中に登場する各施設の公式なコンテンツではないことはもちろん、記事中に明記されていない限り各施設を運営する団体・職員とも一切関係ありません。
・価格、所要時間、展示内容その他記事中で紹介されている事項は変更されている場合もあります。必ず各施設の公式サイト等でご確認の上、お出かけください。
・本ブログ記事の情報を利用したことにより直接的あるいは間接的な損害が発生したとしても、当ブログ著者・サイト管理者は一切責任を負いません。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。