2011年03月24日

鬼ヶ島にモアイが!

鬼ヶ島大洞窟前からふたたびバスならぬワンボックスカーで女木港方面へ。

女木島・円墳.jpg

途中、円墳があります。
直径は15メートルほど、5世紀頃のものだそうです。

中に入れるわけでもないようなので車窓から見るだけで。
充分に時間がある場合、大洞窟からここまで遊歩道が続いているようです。

女木島・道案内の鬼.jpg

女木港と大洞窟を結ぶ道路沿いでこの鬼の人形たびたび見かけたのですが…

…帰り道にようやく気付きました。
すべて大洞窟の方を指さしているようです。
車中からだとちょっとみづらいような気がしますが…

女木島・おにの館.jpg

フェリー乗り場の近く、観光案内所の建物の一角には【おにの館】なる展示室がありました。
桃太郎伝説他、【鬼】が登場する物語全般についての展示・解説などがあります。

フェリーまで若干時間があったので見学。
展示ボリュームはそれほどでもないですが、入場無料なのでぜひどうぞ。

女木島・モアイ像2.jpg

これもフェリー乗り場の近くにあるモアイ像。

なぜこんなところにモアイが?!
鬼とモアイに何の関係が?!

…と思ってしまうのですが。

これは、1992〜1995年にイースター島のモアイの修復工事が行われた際に、像をクレーンで吊り下げるテストのために作られた物だそうです。
工事のためにクレーンを提供したのが高松市に本社をおく建設重機メーカーだったためテスト用の像が高松市に寄贈されたのだとか。

13:20、ふたたびフェリーに乗って高松港へ。
わずか1時間の滞在でしたが中身の濃い女木島見物でした。
posted by MAX CARTER at 13:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 町の風景
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
・サイズの大きな写真は複数の写真を並べて合成したものなので、接続部で色合いが違う・わずかなズレが生じている・全体的に湾曲していることがあります。
・このブログは個人が旅行・見学の感想を書いているものであり、記事中に登場する各施設の公式なコンテンツではないことはもちろん、記事中に明記されていない限り各施設を運営する団体・職員とも一切関係ありません。
・価格、所要時間、展示内容その他記事中で紹介されている事項は変更されている場合もあります。必ず各施設の公式サイト等でご確認の上、お出かけください。
・本ブログ記事の情報を利用したことにより直接的あるいは間接的な損害が発生したとしても、当ブログ著者・サイト管理者は一切責任を負いません。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。