2011年03月24日

玉藻公園(高松城趾)1

再び琴電で高松築港駅へ。
2つ目の見学地である【玉藻公園(高松城趾)】は駅のそば。
駅ホームが城の濠のすぐ横にあり、城内の一部はホームからも覗けます。

玉藻公園・入口.jpg

JR高松駅にも近い、【西入口】前。
この写真右手に琴電の乗り場があります。

図面によると左側に【廉櫓(れんやぐら)】、右側に【弼櫓(ゆみだめやぐら)】があったようですがいまは石垣しかありません。

西入口受付で100名城スタンプゲット。

玉藻公園・二ノ丸跡.jpg

西入口を入るとそこは【二の丸】跡。
何もありません…というか、工事中?

玉藻公園・鞘橋.jpg

一つ前の写真の右側(南側)に折れて進むと、
二の丸と本丸を結ぶ唯一の道である【鞘橋(さやばし)】があります。

…が、現在は本丸の石垣を補修工事していて渡ることが出来ません…。

玉藻公園・海水導入門.jpg

再び入口近くに戻って、東方向へ直進。
濠と海とを結ぶ【海水導入門】。

濠の水が海水というも高松城の特徴。

というわけで、城の濠といえば鯉でも泳いでいそうですが…
高松城では鯛などの海水魚が泳いでいます…って全然姿が見えないけど…

水門の近くには餌やり体験コーナー(50円)も。

玉藻公園・内濠.jpg

【内濠】。
正面が本丸。
いまは重機が入って修復工事の真っ最中。
2012年春までに天守台の復元工事は終わる予定だそうです。

いずれ天守閣も復元する…のかな?
写真や図面などの資料の提供を呼びかけるポスターが掲示されていましたが…。

玉藻公園・水手御門と月見櫓.jpg

そのまま進んで、【水手御門】(やや右下寄り)と【月見櫓】。
ともに重要文化財に指定された現存建築。
水手御門は城内から直接海に出ることが出来る門で、
現存しているのは全国唯一のものだそうです。

ただし現在は門の外は海ではありませんが…

この月見櫓と水手御門があるあたりが【北の丸】。

玉藻公園・新曲輪.jpg

【北の丸】のすぐ南側、【新曲輪】。
うーん、完全に資材置き場…

左手に見える建物はホールなどの公共施設です。

玉藻公園・公園外の石垣.jpg

ホールの渡り廊下の下をくぐって伸びる石垣…。

〜〜

うーん、月見櫓以外は面白いものが残っていないなぁ…
工事中の場所だらけだし、公園として整備し切れていない感じです。
来る時期を間違えたかなぁ…。
posted by MAX CARTER at 10:00 | Comment(0) | TrackBack(0) |
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
・サイズの大きな写真は複数の写真を並べて合成したものなので、接続部で色合いが違う・わずかなズレが生じている・全体的に湾曲していることがあります。
・このブログは個人が旅行・見学の感想を書いているものであり、記事中に登場する各施設の公式なコンテンツではないことはもちろん、記事中に明記されていない限り各施設を運営する団体・職員とも一切関係ありません。
・価格、所要時間、展示内容その他記事中で紹介されている事項は変更されている場合もあります。必ず各施設の公式サイト等でご確認の上、お出かけください。
・本ブログ記事の情報を利用したことにより直接的あるいは間接的な損害が発生したとしても、当ブログ著者・サイト管理者は一切責任を負いません。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。