2011年03月24日

栗林公園3

さて、一度東門前に戻って、今度は公園の北半分を回ってみます。

回遊式庭園として完成されている南半分とは異なり、北半分は地味ながら庭園という枠にとどまらないものが見られます。

栗林公園・鴨引堀と小覗.jpg

東門のすぐ北にある【鴨引堀(かもひきぼり)】の【小覗(このぞき)】。
小屋…というか土盛り?なのですが、これはこの向こう側にある猟場にる鴨の様子を見るための場所。

栗林公園・小覗・覗き穴.jpg

よく見ると、この写真の中央にある木の板に直径数mmの小さな穴が開いています。

栗林公園・鴨引堀・覗き穴から見る.jpg

穴から覗いた様子。
この先の【群鴨池(ぐんおうち)】から続く【鴨引堀】の様子が見えます。
鴨はいませんが(苦笑)

栗林公園・毘沙門堂.jpg

群鴨池の方へ進んでいくと、毘沙門天が祀られた祠があります。
このあたりが栗林公園の北東端です。

なぜかキットカットなどのチョコレート菓子が供えられていたのですが…
毘沙門天は洋ものが好き…?

栗林公園・花しょうぶ園.jpg

群鴨池の隣にある菖蒲園。
完全にシーズンオフです。まぁ3月では仕方ないか…。
藩政時代のものではなく、昭和40年代に作られました。
ってことは僕と同世代か…。

栗林公園・瞰鴨閣.jpg

群鴨池を見渡せる場所にある【瞰鴨(かんおう)閣】。
池にやや張り出して建てられた石作りの小屋です。

栗林公園・群鴨池.jpg

瞰鴨閣からみた群鴨池。
…まぁ、鴨のシーズンは真冬ということで、いまは一羽も見えませんが…。

栗林公園・北梅林.jpg

【北梅林】。
やっといまの季節が見頃な物に出会えました(苦笑

栗林公園・群鴨池2.jpg

先ほどとは趣の違う群鴨池。
僕はこうやって木々の間から見る方が好み。

栗林公園・栗林公園碑.jpg

【栗林公園碑】。
北口の近くにあります。

公園碑のあたりから広場の脇を南下すると西湖のあたりにたどり着き、これで北半分も一周。

〜〜

展示館施設の開館時刻になったので、最後にそちらを回ってみます。

まず【商工奨励館】。

栗林公園・商工奨励館・展示室.jpg

陳列室。香川県の特産品を展示されているようです。
商工奨励館内には売店や休憩室などもあります。
実演や特別展示が行われていることもあるそうです。

栗林公園・讃岐民芸館.jpg

続いて、【讃岐民芸館】。
新民芸館、古民芸館、家具館、瓦館の4館に別れています。

栗林公園・讃岐民芸館・瓦.jpg

【瓦館】。
鬼瓦など多数が展示されています。

栗林公園・讃岐民芸館・民芸館.jpg

これは【古民芸館】だったかな??

喫茶コーナーや土産物コーナーもあり。

〜〜

というわけで、非常に見応えのある庭園でした。

【栗林公園】
http://www.pref.kagawa.lg.jp/ritsurin/
開園時間:07:00〜17:30
年中無休
入園料金:大人400円
見学所要時間:2時間〜
posted by MAX CARTER at 09:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 庭園・公園
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
・サイズの大きな写真は複数の写真を並べて合成したものなので、接続部で色合いが違う・わずかなズレが生じている・全体的に湾曲していることがあります。
・このブログは個人が旅行・見学の感想を書いているものであり、記事中に登場する各施設の公式なコンテンツではないことはもちろん、記事中に明記されていない限り各施設を運営する団体・職員とも一切関係ありません。
・価格、所要時間、展示内容その他記事中で紹介されている事項は変更されている場合もあります。必ず各施設の公式サイト等でご確認の上、お出かけください。
・本ブログ記事の情報を利用したことにより直接的あるいは間接的な損害が発生したとしても、当ブログ著者・サイト管理者は一切責任を負いません。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。