2011年03月22日

室戸岬→徳島

さて、再び大移動です。
9:50頃、室戸岬からバスに乗車。
10:;50頃、甲浦(かんのうら)駅に到着。

甲浦駅・駅舎.jpg

阿佐海岸鉄道、甲浦駅。
観光案内所兼用のような駅舎がありますが、ホームは建物の外(写真右)の階段を上ったところにあります。改札もなければ駅員もいません。

甲浦駅・ホーム.jpg

甲浦駅ホーム。

線路真っ直ぐ!
周囲何もない!
ホーム誰もいない!

待合室の中には【阿佐鉄瓦版】なるものがぺたぺた貼られています。
…まるで小学校の壁新聞のような雰囲気。

ええと、なになに…。


『てつ駅長、見事脱皮す!』


………は?

写真には、『駅長室』と書かれた水槽の中にいる伊勢エビが写っています。
ええと…なんだこりゃ…。

甲浦駅・ワードを探せ.jpg

ホームの端の方には

『ん』

とかかれた板が…

…待合室に説明がありました。
始発から終点までの沿線数カ所にこのようなプレートがあり、
そこに書かれた文字を並べ替えてできた言葉を用紙に書いて駅員に渡すと記念品がもらえるというイベントでした。
ふーん、あとでやってみよう。

甲浦駅・安佐鉄.jpg

11:13、阿佐海岸鉄道で出発。

始発から終点までずっと単線で途中分岐もないようだったので、この車両が1日中ずーっと何往復もしているのかなぁ…。

で、先ほどの『ワードを探せ』をやってみようとキョロキョロしていたのですが。

舐めてました。

左右どちらにあるかもわからず、トンネルを出た瞬間に振り返らないと見えないものもあり、
十数文字中4文字ほど見落としてしまいました。
結局キーワードは判らず。

最低でも往復は乗らないとわからなかったのかも…。

海部駅.jpg

阿佐海岸鉄道は甲浦、宍喰、海部のたった3駅しかありません。
11:24、海部(かいふ)駅に到着。

JR牟岐線、牟岐行きの車両にすぐ乗り換え。
またしても1両編成。

牟岐駅.jpg

11:47、牟岐(むぎ)駅到着。
ここでまた乗り換え。
まだ路線はJR牟岐線なのですが、直通で徳島まで行くものは少ないようです。

徳島駅.jpg

今度は2時間ほど乗って、13:44に徳島駅到着。

徳島駅は線路の数は非常に多いのですが、全体的に古くさい感じのする駅でした。
改札は自動化しているし電光案内板もあるのですが…
駅自体の構造が何十年も前のもの、という感じ。

ところで…写真を見て判るかな?
これだけ線路があるのに、架線が一本もありません。

実は、徳島県の鉄道はまったく電化されていません。
日本に初めて鉄道が走った日から現在に至るまで、一度も『電車』が走ったことがない唯一の県なのだそうです。

〜〜

徳島ラーメン.jpg

あまりにお腹が空いたので徳島ラーメン。
にごったスープと、チャーシューではなく焼肉が乗っているのが特徴、なのだそうです。
posted by MAX CARTER at 10:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
・サイズの大きな写真は複数の写真を並べて合成したものなので、接続部で色合いが違う・わずかなズレが生じている・全体的に湾曲していることがあります。
・このブログは個人が旅行・見学の感想を書いているものであり、記事中に登場する各施設の公式なコンテンツではないことはもちろん、記事中に明記されていない限り各施設を運営する団体・職員とも一切関係ありません。
・価格、所要時間、展示内容その他記事中で紹介されている事項は変更されている場合もあります。必ず各施設の公式サイト等でご確認の上、お出かけください。
・本ブログ記事の情報を利用したことにより直接的あるいは間接的な損害が発生したとしても、当ブログ著者・サイト管理者は一切責任を負いません。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。