2011年03月21日

がっかり!

日本の三大がっかり観光名所といえば、

札幌の時計台、
沖縄の守礼門、
高知のはりまや橋。

守礼門の代わりに長崎のオランダ坂を挙げる人もいますね。

まぁとにかく。
いままでむしろ積極的にガッカリ名所に足を運んできたのですが…

今回はとうとう最後に残った【はりまや橋】にやってきました。


昼食をとったひろめ市場からは歩いても10分ほどの場所にあります。

はりまや橋公園.jpg


   ♪土佐の高知のはりまや橋で,坊さんかんざし買うを見た

とよさこい節にも歌われたはりまや橋。
江戸時代に堀川を挟んで本店を構えていた【播磨屋】と【櫃屋】が、お互いの往来のために架けた施設の小さな橋がもともとのはりまや橋とされています。
その後なんどか橋は架け替えられ、1960年代には堀川が埋め立てられてしまいましたが…

現在はJR高知駅から続く国道32号線を挟んで、東西に【はりまや橋公園】として整備されています。

はりまや橋.jpg

鮮やかな赤に塗られた西側には太鼓橋、

まぁ、本当に小さいので、見てガッカリする人がいるのも仕方ない…のかな?
ガッカリするのが楽しみ出来ている人も多いのでは…??

はりまや橋公園・純信お馬像.jpg

橋のたもとには、はりまや橋にまつわる悲恋の物語として有名な純信とお馬のモニュメントが建てられています。

はりまや橋公園・地下・展示.jpg

東西の公演を結ぶ地下通路。
展示コーナーもあります。

はりまや橋公園・地下・壁画の播磨屋橋.jpg

地下通路にある昔の高知市街を表した絵図。
かなり大きな絵なのです。
この写真に写った部分の中心にかつての播磨屋橋の姿が描かれています。

はりまや橋公園・地下・朱塗りの欄干.jpg

公園東側地下。
朱塗りの旧欄干が展示されています。


えーと。
写真には写らないように角度を工夫したのですが…
ここに棲み着いている人もいます。

はりまや橋公園・東側.jpg


はりまや橋公園東側。
こちらには明治時代のはりまや橋を復元したものがあります。

東西とも、橋の下にはちゃんと水路が再現されています。


さて。
はりまや橋公園の近くのビルの壁には大きなからくり時計があります。
毎正時に動くようです。

高知市街地・からくり時計1.JPG

最初の状態では壁にピッタリくっついた大きな時計、というだけなのですが…

高知市街地・からくり時計2.JPG

壁から浮き上がってきました!

高知市街地・からくり時計3.JPG

上には高知城天守閣、
下にはよさこい節を踊る人形が…。

高知市街地・からくり時計4.JPG

さらに右にははりまや橋、
左には桂浜(坂本龍馬つきw)が出てきます。

このデモが恐ろしく長い!
7分くらい続きます。


…あ、時計の指している時刻をみてバレました?
実は最後収納されるときの写真を逆順で載せました(汗
posted by MAX CARTER at 13:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 歴史的建築物
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
・サイズの大きな写真は複数の写真を並べて合成したものなので、接続部で色合いが違う・わずかなズレが生じている・全体的に湾曲していることがあります。
・このブログは個人が旅行・見学の感想を書いているものであり、記事中に登場する各施設の公式なコンテンツではないことはもちろん、記事中に明記されていない限り各施設を運営する団体・職員とも一切関係ありません。
・価格、所要時間、展示内容その他記事中で紹介されている事項は変更されている場合もあります。必ず各施設の公式サイト等でご確認の上、お出かけください。
・本ブログ記事の情報を利用したことにより直接的あるいは間接的な損害が発生したとしても、当ブログ著者・サイト管理者は一切責任を負いません。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。