2011年03月20日

うだつの家たばこ資料館(たばこ資料館)

家屋の奧、工場の建物はたばこ資料館になっています。

たばこ博物館・展示室1.jpg

資料館1F展示室。
きざみたばこの製造工程に関する展示。
乾燥させたたばこの葉をごく細く刻むという作業を、
最初は人手で行っていたのが、しだいに道具・機械が進歩していく…
という歴史が判ります。

触ってみられる模型でもあればもっと面白かったかも…。

たばこ博物館・展示室2.jpg

資料館2F展示室。
製品の輸送ルートなどの解説。
阿波池田のたばこ製品の輸送は、吉野川による船が主流でした。
写真にある模型は輸送に使われた平田船と呼ばれる喫水の浅い帆船です。
徳島まで行きは2〜3日、川を上ることになる帰りは1〜2週間かかったそうです。

船による輸送は大正時代に徳島本線が開通するまで続いたそうです。

たばこ博物館・展示室3.jpg

ふたたび資料館1F。
たばこの葉の標本、昔のたばこの包装などが展示されています。
昔懐かしい…という人もいるんでしょうか?

専売公社時代からやがてたばこ産業が衰退していくまでの年表も展示されています。


…と、いうわけで、煙草自体にはまったく興味はないのですが展示は楽しく見学しました。

〜〜

17時、かなり本格的に降り出した雨の中を阿波池田駅へ。

阿波池田駅のかずら橋.jpg

朝、来た時は気付かなかったのですが、駅ホームにもかずら橋の模型が…。

〜〜

【うだつの家たばこ資料館】
http://www.mapple.net/spots/G03600061501.htm
開館時間:9:00〜17:00
休館日:水曜、年末年始
入館料:300円(たばこ資料館)
交通:JR阿波池田駅より徒歩5分
タグ:徳島県
posted by MAX CARTER at 16:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | 博物館
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
・サイズの大きな写真は複数の写真を並べて合成したものなので、接続部で色合いが違う・わずかなズレが生じている・全体的に湾曲していることがあります。
・このブログは個人が旅行・見学の感想を書いているものであり、記事中に登場する各施設の公式なコンテンツではないことはもちろん、記事中に明記されていない限り各施設を運営する団体・職員とも一切関係ありません。
・価格、所要時間、展示内容その他記事中で紹介されている事項は変更されている場合もあります。必ず各施設の公式サイト等でご確認の上、お出かけください。
・本ブログ記事の情報を利用したことにより直接的あるいは間接的な損害が発生したとしても、当ブログ著者・サイト管理者は一切責任を負いません。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。