2011年03月20日

うだつの家たばこ資料館(うだつの家)

バスツアーは終わったのですがまだ16時。
阿波池田駅から徒歩圏にある【うだつの家・たばこ資料館】へ。

…歩いているうちに、バスツアー中はかろうじて保っていた天気がとうとう崩れてしまいました…。

うだつの家・外観.jpg

駅からは5分ほどで到着。
このあたりはかつて刻み煙草の特産地だったそうです。
この建物は明治期の代表的なたばこ商家である真鍋家のもの。

その家屋と工場をそのまま資料館に改装したものです。

うだつの家・うだつ.jpg

『うだつ』とはこの写真にあるような、屋根の上にとりつけられた小さな壁のことです。
もともとは防火用だったらしいのですが、次第に装飾としての意味が増していき、

『立派なうだつが建てられる』=『経済力がある』

『高いうだつが建てられない』=『経済力がない』

ということから、『うだつが上がらない』という言葉ができたとされています。

〜〜

というわけで、中へ…。

って、アレ?
受付に誰もいないよ?
呼び鈴を押しても誰も出てこないよ?
勝手に入っちゃうよ?

いや有料施設なのでさすがにそれはマズイ。

何度も呼び鈴を押してようやく奧から人が出てきました。

『あ、見学します?』

商売っ気ないなぁ…。いや商売というわけでもないのか…?

〜〜

最初に見たのは中庭。
だんだん雨が酷くなってきたのが残念ですが…

うだつの家・かずら橋.jpg

先ほどホンモノを見てきた【かずら橋】がここにも!
無駄に再現度が高いです(笑

近くにはかずら橋製作過程の写真も飾られていました。

…でも、なぜここに作ろうと思ったのか謎ですな。

〜〜

中に戻って…

家の中を見学。

うだつの家・居室1.jpg

床の間、違い棚のある部屋。
大きな黒檀一枚板の棚だの、至るところに松竹梅の装飾だの、
贅沢で、でもちょっと趣味が悪いような…。

…左の絵はなんなんでしょう??

うだつの家・居室2.jpg

この部屋もいろいろ高そうなものが…。

庭の向こうの門は来客用で、この庭を通って家に通されたのだそうです。
タグ:徳島県
posted by MAX CARTER at 16:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 歴史的建築物
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
・サイズの大きな写真は複数の写真を並べて合成したものなので、接続部で色合いが違う・わずかなズレが生じている・全体的に湾曲していることがあります。
・このブログは個人が旅行・見学の感想を書いているものであり、記事中に登場する各施設の公式なコンテンツではないことはもちろん、記事中に明記されていない限り各施設を運営する団体・職員とも一切関係ありません。
・価格、所要時間、展示内容その他記事中で紹介されている事項は変更されている場合もあります。必ず各施設の公式サイト等でご確認の上、お出かけください。
・本ブログ記事の情報を利用したことにより直接的あるいは間接的な損害が発生したとしても、当ブログ著者・サイト管理者は一切責任を負いません。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。