2011年03月20日

ラピス大歩危(妖怪屋敷・石の博物館)

船乗り場から第二目的地である【ラピス大歩危】までは直線距離で500mほど。
バスだとあっという間に到着します。

ここでの目玉は、【妖怪屋敷】と【石の博物館】。
まずは【妖怪屋敷】から見学スタート。

祖谷観光・妖怪屋敷.jpg

…中は写真撮影不可だったので、入口ゲートのみ…。

徳島県は、漫画【ゲゲゲの鬼太郎】でもお馴染みの子泣き爺の出身地…生息地?…なんだそうです。ゲート横にも、ゲゲゲの鬼太郎のイメージに近い子泣き爺の姿が…。

※正確には、古くから『子泣き爺という妖怪がいる』という伝承があったわけではなく、
※いろいろな話がごちゃまぜになってずっと新しい時代に『子泣き爺』として創作された…
※…ということのようですが。

中へ入ると、この地方の妖怪についていろいろ展示されています。

が。

妖怪達の造形が…なんというか、味があります。

http://www.miyoshinavi.jp/02miru/detail.php?genr=101&area=2&uid=SS000064

http://oboke-iya.jp/kawaraban/2010/07/post-135.html

こんな感じ。
マイナーな施設の上に撮影禁止なのでネット上にもほとんど写真がありませんね…。

昔話の一場面を再現したようなものも多くあります。元は『コワイ』話のはずなのですが、手作り風の妖怪人形はどれもコミカルでユーモラスで愛嬌があります。

遮光カーテンで区切られた通路があるのでお化け屋敷でもあるのかと意気込んで入ったらホンの数歩で終わりだったり、展示室は実質的に最初の1部屋だけだったりとごく小規模でした。それなりに面白かったけど。

〜〜

妖怪博物館の2階は、【石の博物館】になっています。
施設名の【ラピス大歩危】の【ラピス】とはラテン語で石のことなんだそうで…

こちらの方が妖怪人形より見応えがあります。

水晶、アクアマリン、ダイヤモンドなど宝石の原石や、
大歩危周辺で採取される様々な岩石の標本による地史解説、
変わったところでは隕石などが展示されています。

鉱石を展示する博物館ではよく見るものですが。
外から見ると普通の岩なのに、割れ目から覗き込むと内部は水晶の結晶が詰まっている…
というものは何度見ても不思議で、美しさに魅了されますね。

石を使ったアクセサリー造りの体験もできるそうです。

〜〜

見学を追えた後は土産物店を一回り。

カフェも併設されています。
建物は大歩危峡の崖の上に立っているので、窓から外を眺めるだけでスリルが味わえます(笑
テラスにはなぜか足湯も。

祖谷観光・石のアンパンマン.jpg

入口に立っていた石のアンパンマン。
…作者が高知出身だから??ここは徳島ですが…。
それとも妖怪の一種扱い?

〜〜

ここでの見学時間が30分と短く、一回り終わったと思ったらもう次へ。

〜〜

【道の駅・ラピス大歩危】
http://www.yamashiro-info.jp/lapis/
http://www.miyoshinavi.jp/02miru/detail.php?genr=101&area=2&uid=SS000064
開館時間:9:00〜16:30最終入館、売店・喫茶も含めて営業は17:00まで
休館日:12〜2月の毎週月曜
入館料:500円(妖怪屋敷と石の博物館共通券)
JR大歩危駅下車徒歩20分。



タグ:徳島県
posted by MAX CARTER at 13:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | 博物館
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
・サイズの大きな写真は複数の写真を並べて合成したものなので、接続部で色合いが違う・わずかなズレが生じている・全体的に湾曲していることがあります。
・このブログは個人が旅行・見学の感想を書いているものであり、記事中に登場する各施設の公式なコンテンツではないことはもちろん、記事中に明記されていない限り各施設を運営する団体・職員とも一切関係ありません。
・価格、所要時間、展示内容その他記事中で紹介されている事項は変更されている場合もあります。必ず各施設の公式サイト等でご確認の上、お出かけください。
・本ブログ記事の情報を利用したことにより直接的あるいは間接的な損害が発生したとしても、当ブログ著者・サイト管理者は一切責任を負いません。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。