2011年03月19日

旧金毘羅大芝居(金丸座)1

海の科学館からまた数分歩いて、次は【旧金比羅大芝居】へ。
計画より1日早く香川入りしたおかげでここもゆっくり見られそうです。

旧金比羅大芝居は江戸時代・天保年間に作られた、現存最古の劇場です。
しかも、毎年4月に歌舞伎の公演が行われる現役の劇場でもあります。

僕が行った日は公演日ではないのですが、その場合は劇場内の施設見学ができます。
学生時代にオペラの裏方なんぞやっていたので、この手の施設には興味津々!

旧金比羅大芝居・外観.jpg


旧金比羅大芝居の建物全景。

かつては、公演の時は屋根の上にある櫓に太鼓が置かれたそうです。

旧金比羅大芝居・入口.jpg

入口は大人の背の半分ほどの高さしかない潜り戸。

身分の高い人はこの中央の潜り戸ではなく、
正面向かって左手にある別の入口を使っていたそうです。

旧金比羅大芝居・札場.jpg

入口を入ってすぐ、札場。
今風に言えば受付・チケットカウンターでしょうか。

(施設見学用のチケット売り場は建物の外です)

旧金比羅大芝居・下足場.jpg

札場の向かい、下足場。
今風に言えばクロークですね。
ここで履き物を預け、預かり札を受け取って中に入るのだそうです。

…見学者は自分でビニール袋に靴をいれて持ち歩くか、玄関におきっぱなしにするのですが。

旧金比羅大芝居・劇場内全景.jpg

そして入ってきました、客席!
(パノラマ合成なのでちょっと歪んでいます)

見学順路の最初は【花道】。
この上を主演の役者が歩くわけですね。
ここを舞台の方へむかってずずずいと進んでいきます。

旧金比羅大芝居・かけすじ.jpg

花道の真上にある【かけすじ】。
釣りの道具です。

安全上の理由から、綱から金属製のワイヤーに交換され、動力も電化されています。
唯一の電動舞台装置です。

旧金比羅大芝居・ぶどう棚.jpg

天井は竹を格子状に結びつけた構造になっています。通称【ぶどう棚】。
ここから客席全体に紙吹雪を降らせるということもできるそうです。

舞台上だけでなく客席上まで全面がこのような構造になっている劇場は非常に珍しいとか。

旧金比羅大芝居・平場.jpg

1階床席のことを【平場】といいます。

木で奥行き方向・左右方向にマス目上に区切られており、かつては1マスに4人ずつ客が入ったとか。現在は公演時には奥行き方向の棒を1本ずつ外し、つながった2マスあたり5人の観客が入るそうです。

花道脇の席は人気で、1人13,000円だそうです。

まぁ芝居を見に来る機会があるかどうかはともかく…

客席に座ったり、花道の上にたったりでいろいろ記念写真を撮ってもらいました。
タグ:香川県
posted by MAX CARTER at 13:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | 歴史的建築物
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
・サイズの大きな写真は複数の写真を並べて合成したものなので、接続部で色合いが違う・わずかなズレが生じている・全体的に湾曲していることがあります。
・このブログは個人が旅行・見学の感想を書いているものであり、記事中に登場する各施設の公式なコンテンツではないことはもちろん、記事中に明記されていない限り各施設を運営する団体・職員とも一切関係ありません。
・価格、所要時間、展示内容その他記事中で紹介されている事項は変更されている場合もあります。必ず各施設の公式サイト等でご確認の上、お出かけください。
・本ブログ記事の情報を利用したことにより直接的あるいは間接的な損害が発生したとしても、当ブログ著者・サイト管理者は一切責任を負いません。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。