2011年03月19日

琴平海の科学館

金刀比羅宮から参道入口の商店街まで降りてきて途中でちょっと脇道に入ったところに
【琴平海の科学館】があります。

海の博物館.jpg

※館内は撮影禁止だったので写真はありません

入館したらエレベーターで一気に5階へ。
さらに階段で屋上へ。

【屋上】
…お台場の船の科学館と同様の、ラジコン模型船の操船コーナーがありました。
模型船用のプールは小さめですが、有料なのは同じ Orz

さらに外階段を上って…

『動くブリッジ』ってナニコレ…。
小型船のブリッジ(実物大?!)の操舵輪を回すと、
たぶんブリッジ全体が左右に回転するというアトラクション…だと思います。
これも有料なのでやらなかったのですが…

大がかりですが、デパートの屋上によくある子供向けのアレと発想は同じような…。

【5階】
「海の夢」
なにやら立派な、タタミより大きなサイズの帆船の版画が。
沖縄海洋博に出品された作品で、帆船日本丸を描いた物だそうです。

そのほかにも船のパーツやら模型やら…。

【4階】
「物語の宝島」
創作の世界で描かれる海について。
取り上げられているのは海彦山彦、浦島太郎…。

フロア中央にシミュレータ?のようなものがあったのだですがどこを触っても反応なし。
屋上と同じように有料なのかと思ったのですがコイン投入口もなし。
…触ることができるだけ?

【3階】
「海中サロン」
有人潜水調査船しんかい6500が撮影した映像などがみられます。

海の神秘と称して…クラーケンだのリバイアサンだの、神話に登場する海のカイブツの絵が…。
科学寄りにしたいのか創作寄りにしたいのか、フロア内で混乱しています…。

【2階】
企画展示室らしくとくになにもなし。

【1階】
こんぴら船の大型模型…といっても実物大ではないので乗ってみられるわけでもなく。
船着場前の番小屋が再現されています…が、中に入ってみられるわけでもなく。
いずれも特に説明もなく置いてあるだけ。うーん。

〜〜

うーん、フロアも狭いし、設備が古くてメンテナンスも不完全な感じです。
テーマを海洋全般ではなくこんぴら船に絞って解説を詳しくするとか、
あるいは逆にテーマパーク的に盛り上げるようにするとか…
なにかもう一工夫すれば面白くなると思うんだけどなぁ…。

ちょっと物足りない感じのする見学となりました。
posted by MAX CARTER at 13:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 博物館
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
・サイズの大きな写真は複数の写真を並べて合成したものなので、接続部で色合いが違う・わずかなズレが生じている・全体的に湾曲していることがあります。
・このブログは個人が旅行・見学の感想を書いているものであり、記事中に登場する各施設の公式なコンテンツではないことはもちろん、記事中に明記されていない限り各施設を運営する団体・職員とも一切関係ありません。
・価格、所要時間、展示内容その他記事中で紹介されている事項は変更されている場合もあります。必ず各施設の公式サイト等でご確認の上、お出かけください。
・本ブログ記事の情報を利用したことにより直接的あるいは間接的な損害が発生したとしても、当ブログ著者・サイト管理者は一切責任を負いません。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。