2011年03月19日

こんぴら参り1

2日目。
宿を出て琴平に移動。
当初の予定より1日早く四国入りできたおかげで、金刀比羅宮全域を攻略できるはず。

琴平駅・動輪.jpg

琴平駅前。
なぜか蒸気機関車の動輪が飾ってあります

琴平駅・像.jpg

これは…金比羅大芝居の関係でしょうか…。

JR琴平駅からこんぴらさん(金刀比羅宮)まではちょっと距離が歩きます。
他に歩いている人もない道を進んでいきます。

金刀比羅宮・大燈籠.jpg

途中、琴電の駅のすぐ近くにある【高燈籠】:。
正式名称は【金刀比羅宮北神苑】。
高さは27mもあり、木造の燈籠としては日本で一番高いそうです。
階段と入口が見えますが立入禁止でした。

高灯籠を過ぎて少し進むと商店街に入ります。
土産物店やうどん店(さすが香川!)が建ち並んでいますが、
まだ朝8時なのでどこも開店していません。

いよいよ参道へ突入…。

金刀比羅宮・一之坂鳥居.jpg

【一之坂鳥居】
このあたりはまだ商店街の途中のような雰囲気ですが、すでに階段を100段以上のぼっています。周囲の店には『杖を貸します』『荷物を預かります』等の看板が。…まぁほとんどどこも開店前だったのですが。

金刀比羅宮・備前焼の狛犬.jpg

一之坂鳥居の左右には重要有形民俗文化財の【備前焼狛犬】が立っています。
この先はしばらく急な坂【一之坂】が続きます。

この鳥居のあたりから大門前まで乗れる駕籠もあるそうです。
僕が通ったときはいなかったのですが…。

金刀比羅宮・灯明堂.jpg

一之坂の左手にあるこの木造の壁のような建築物は【灯明堂】。
安政5年の作で、これも重要有形民俗文化財。

金刀比羅宮・釣燈籠.jpg

灯明堂の中には釣灯籠が並んでいます。青銅製のようです。
夜にはちゃんと点灯して、参道を照らしているそうです。

金刀比羅宮・琴陵宥常銅像.jpg

288段目まで登ってきました。
これは第19代宮司の琴陵宥常の銅像。
帝国水難救済会を設立した人だそうです。

この像の向かいあたりには、海上救難のための器具が展示されています。
古そうなものばかりでしたが…。

金刀比羅宮・石榑千亦歌碑.jpg

石榑千亦歌碑。

  船をくだき 人の命とる海にむかひ
               をたけびし君が聲の大きさ

石榑千亦は明治中期に金刀比羅宮で解説していた明道学校で学んだ人物で、
海洋歌人と呼ばれているそうです。

金刀比羅宮・イカリ.jpg

金刀比羅宮は船の守り神とされているだけあって、イカリが飾ってあったり…

金刀比羅宮・金刀比羅本教総本部.jpg

さらに上って351段目。
【金刀比羅本教総本部】。

もうすぐ大門です。

金刀比羅宮・青銅大燈籠.jpg

金刀比羅本教総本部の前にある【青銅大燈籠】。重要有形民俗文化財。
昨日丸亀で見たものと同じ形…かな?

金刀比羅宮・鼓楼.jpg

大門に向かって左手にある【鼓楼】。宝永7年の建築。

金刀比羅宮・清塚.jpg

鼓楼の横というか裏というか、あまり目立たない場所に立っているこの石碑は【清塚】。

鼓楼建設中に発見された塚を工夫たちが壊してしまったのですが、
『清少納言が琴平で亡くなった』という言い伝えがあることからその塚こそ清少納言の墓であると考えられ、石碑が建てられたのだそうです。

金刀比羅宮・大門.jpg

というわけで、【大門】に到着。
二艘入母家造の立派なもので、水戸光圀の兄である松平頼重の寄進によるものだそうです。

金刀比羅宮・琴平山の額.jpg

大門に掲げられている【琴平山】の額の文字は、
有栖川宮熾仁親王殿下の筆によるものだそうです。
タグ:香川
posted by MAX CARTER at 08:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | 寺社・教会
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
・サイズの大きな写真は複数の写真を並べて合成したものなので、接続部で色合いが違う・わずかなズレが生じている・全体的に湾曲していることがあります。
・このブログは個人が旅行・見学の感想を書いているものであり、記事中に登場する各施設の公式なコンテンツではないことはもちろん、記事中に明記されていない限り各施設を運営する団体・職員とも一切関係ありません。
・価格、所要時間、展示内容その他記事中で紹介されている事項は変更されている場合もあります。必ず各施設の公式サイト等でご確認の上、お出かけください。
・本ブログ記事の情報を利用したことにより直接的あるいは間接的な損害が発生したとしても、当ブログ著者・サイト管理者は一切責任を負いません。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。