2011年09月10日

渋谷でプラネタリウム

代々木公園で行われていたイベントを観に行ったついでに、昨年11月に桜丘町にできたプラネタリウムへ行ってみることにしました。

1本50分のプログラムを4つ順番に投影しているようです。
到着まもなく開始の回【HAYABUSA】と、その次の回【コズミックコリジョンズ】のチケットを購入。
土日のためか親子連れを中心に混雑。各回上映開始までに満席になっていました。

さすがオープンからまだ1年経たない新しい施設だけあって内装も機材もよい状態です。
ドームは思ったより狭いですね。昔渋谷にあった五島プラネタリウムはもっとずっと大きかったような気が…

と思って調べたら、
以前の五島プラネタリムはドーム径20mで450席
現在のコスモプラネタリウムはドーム径17mで120席
だそうです。
直径はともかく座席数は大幅に違いますね。
映画的な上映の際に後ろ向きになってしまう位置の座席は回転させられるように1つ1つ独立しているためこんなに少なくなっているのだと思います。

今日見た作品は…
【HAYABUSA】はたぶん3回目の視聴。
プロジェクタが最新型のためか、以前見た時より映像がくっきりキレイにみられました。来月には劇場映画も公開されますから、よい復習になったかも…。

【スペースコリジョン】は宇宙を舞台にした『衝突』をテーマにした作品。
月ができるきっかけになった大衝突、太陽風の衝突によってできるオーロラ、そして50億年後に予想されている天の川銀河とアンドロメダ星雲の衝突…。迫力のあるCGによりテンポよくみせてくれます。こちらの番組はCG映画が25分しかないので、後半は本来のプラネタリウム、光学式投影機を使った星空の解説。今晩8時頃の渋谷付近から観た星空ということで、夏の大三角形からサソリ座・射手座・牡羊座など、いま見られる有名な星座について生解説。
考えてみると最近のプラネタリウムはCG映画式が多く、解説員が生解説してくれる番組が減ってきているような気がします。僕が子供の頃によく観に行っていた五島プラネタリウムはすべて工学投影+生解説式だったので、そちらの方が『プラネタリウムを観た』という満足感が得られるのですが(苦笑)。
タグ:東京都 渋谷
posted by MAX CARTER at 14:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 博物館
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
・サイズの大きな写真は複数の写真を並べて合成したものなので、接続部で色合いが違う・わずかなズレが生じている・全体的に湾曲していることがあります。
・このブログは個人が旅行・見学の感想を書いているものであり、記事中に登場する各施設の公式なコンテンツではないことはもちろん、記事中に明記されていない限り各施設を運営する団体・職員とも一切関係ありません。
・価格、所要時間、展示内容その他記事中で紹介されている事項は変更されている場合もあります。必ず各施設の公式サイト等でご確認の上、お出かけください。
・本ブログ記事の情報を利用したことにより直接的あるいは間接的な損害が発生したとしても、当ブログ著者・サイト管理者は一切責任を負いません。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。