2010年08月30日

札幌市時計台

お次はがっかり観光名所だ!がっかりするぞ!

というわけで、大倉山からのバスで時計台まで直接移動。

時計台・外観.jpg

到着!
【旧札幌農学校演武場】…通称、札幌市時計台!
真向かいにビルがあって全景の写真が撮りにくいのですが…
建物自体には趣があっていいじゃない?


時計の下、屋根の三角の頂点ちかくに赤い星がありますが、
これは北海道開拓史のシンボルマーク。
某ビールの星マークもこの開拓史シンボルが元になっているんですね。

※向かいのビルの2階テラスが見学用に開放されているそうです。
※行く前に知っていれば…Orz

時計台・1階展示室.jpg

1階展示室。
札幌農学校時代についてのあれこれ。

時計台・夕食献立.jpg

明治時代のパーティの食事だそうです。
てっぺんから時計回りに、
白鳥のロース(ロースト)・ビンズ(インゲン)・イモ
鹿のロース(ロースト)、イマト(トマト)、イモ

鹿デプロ(デプロマート)、サンヒレニュ(シャンピニオン)、イモ
アイスケーレン(アイスクリーム)

肉が鹿肉2品と白鳥ってすごいな。
付け合わせがイモばっかりなのもやっぱり北海道?

時計台・札幌農学校ジオラマ.jpg

当時の札幌農学校全景。
演武場は現在とは違う位置にあったそうです。

時計台・2階.jpg

2階。
いまはイベント向けの貸し出しもしているそうです。
正面には開拓史の星と…

時計台・演武場.jpg

『演武場』とかかれた額。
この文字は岩倉具視の手によるもの…のレプリカ、オリジナルはどこかの博物館にあるとか…。

時計台・時計機構展示.jpg

時計台に使われている時計と同じ種類の時計。
おもりの位置エネルギーだけで駆動する方式で、定期的に人力でおもりを巻き上げるのだそうです。

札幌市時計台の時計はロープなどの消耗品は何度か交換されているものの、基本部分は明治時代に作られた物がそのまま動いている非情に貴重なものだそうです。

〜〜

そのほか、世界の時計台の鐘が聴けるコーナーがあったり、
特殊な上げ下げ窓の見本があったり、
いろいろ面白いものが見られました。

〜〜

【札幌市時計台】
http://www15.ocn.ne.jp/~tokeidai/
開館時間:8:45〜17:10
休館日:第4月曜、年末年始
入場料:大人200円

タグ:札幌 北海道
posted by MAX CARTER at 12:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | 歴史的建築物
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
・サイズの大きな写真は複数の写真を並べて合成したものなので、接続部で色合いが違う・わずかなズレが生じている・全体的に湾曲していることがあります。
・このブログは個人が旅行・見学の感想を書いているものであり、記事中に登場する各施設の公式なコンテンツではないことはもちろん、記事中に明記されていない限り各施設を運営する団体・職員とも一切関係ありません。
・価格、所要時間、展示内容その他記事中で紹介されている事項は変更されている場合もあります。必ず各施設の公式サイト等でご確認の上、お出かけください。
・本ブログ記事の情報を利用したことにより直接的あるいは間接的な損害が発生したとしても、当ブログ著者・サイト管理者は一切責任を負いません。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。