2010年08月29日

南極越冬隊資料展示コーナー

青少年科学館を出たところで、
【南極越冬隊資料展示コーナー公開中】
という看板が目に入りました。
案内の矢印は科学館と水族館の間を指しているのですが、道があるようには見えないし、へんだなぁ…と思いつつそちらへ向かってみると、なんと建物の間の隙間を通って裏の駐車場へ抜けられました。

そこには…

ノシャップ岬・南極越冬資料展示コーナー・外観.jpg

この倉庫のような【南極越冬隊資料展示コーナー】が。
中へ入ってみると、

ノシャップ岬・南極越冬資料展示コーナー・内部.jpg

南極基地の建物が二棟、
雪上車とトドの剥製が無造作に置かれています。

ノシャップ岬・南極越冬資料展示コーナー・雪上車.jpg

小型雪上車SM25S型。
小型といっても科学館内のものよりは大きいものです。
乗員2名。

ノシャップ岬・南極越冬資料展示コーナー・基地内2.jpg

昭和基地、第1次越冬隊が使用した建物の内部。
備品はほとんどなくガランとした部屋です。
壁には南極での生活の様子などを示すパネルが。

ノシャップ岬・南極越冬資料展示コーナー・基地内.jpg

こちらも昭和基地に使われていたユニットの内部。
南極の豆知識を書いたパネルが壁に掛けられています。

〜〜

【南極越冬隊資料展示コーナー】
見学所要時間:10分〜
タグ:北海道 稚内
posted by MAX CARTER at 12:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 博物館
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
・サイズの大きな写真は複数の写真を並べて合成したものなので、接続部で色合いが違う・わずかなズレが生じている・全体的に湾曲していることがあります。
・このブログは個人が旅行・見学の感想を書いているものであり、記事中に登場する各施設の公式なコンテンツではないことはもちろん、記事中に明記されていない限り各施設を運営する団体・職員とも一切関係ありません。
・価格、所要時間、展示内容その他記事中で紹介されている事項は変更されている場合もあります。必ず各施設の公式サイト等でご確認の上、お出かけください。
・本ブログ記事の情報を利用したことにより直接的あるいは間接的な損害が発生したとしても、当ブログ著者・サイト管理者は一切責任を負いません。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。