2010年08月29日

稚内〜ノシャップ寒流水族館

宗谷岬から稚内駅前まで戻って、休む間もなく(というか休んでいたらもったいないw)次はノシャップ岬方面へ向かいます。
ノシャップ岬は宗谷岬よりもずっと稚内駅の近く。
日中は10〜15分毎にバスが運行されていてアクセスが容易です。

ただ、バスの発着は駅前バスセンターではなく、少し歩いた【駅前通り】バス停なんですね。
駅前の再開発が完了したらまた事情が変わるのかな??


ノシャップ岬・ノシャップバス停.jpgフォト

15分とかからずに終点の【ノシャップ】バス停に到着。
えーと。
地図上ではこのバス停の向こう側は【ノシャップ公園】となっているのですが…
何もない広場ですね…。

バス停の設備も最小限。
敷地の広さは充分ですが、待合室が小さなプレハブだけ…。

〜〜

このあたりの見所はすべてノシャップ岬灯台の周辺に固まっているので、
遠くからも見える灯台を目指して歩いていきます。

ノシャップ岬・水族館と科学館.jpg

数分で到着。
左手が【寒流水族館】、右手奥が【青少年科学館】、
中央奧にある紅白の塔がノシャップ岬灯台です。

〜〜

では水族館から見学開始。

もうほとんどお約束ですが…
まったく人の気配がありません。

つーか最初はチケット売り場にも人がいなくてどうしようかと思ったよ!

入ってすぐのプールにペンギンやアザラシがいるんですが。

ノシャップ岬・水族館・ペンギン.jpg

距離が近い!

柵越しとはいえ、距離はすぐ近く。
小さな施設だとこういうところがいいな。

一応ショーができるようにはなっている…のかな?
開演時間などがわからなかったのですが。

いや変に芸なんかしなくても、目の前をよちよち歩いているペンギンを見るだけで癒されます。

〜〜

館内へ。
建物が小さいので大型の魚はいません。

が、ちょっと珍しい形の水棲生物がたくさん。

…名前を控えてくるのを忘れました(オイ
写真だけ続けてどうぞ。

ノシャップ岬・水族館・熱帯魚.jpg

熱帯魚だっけ?

ノシャップ岬・水族館・ウチワエビ.jpg

ウチワエビだったかな…

ノシャップ岬・水族館・ウミガメ.jpg

ウミガメ。

ノシャップ岬・水族館・カブトガニ.jpg

カブトガニ。

ノシャップ岬・水族館・ドクターフィッシュ.jpg

ドクターフィッシュことガラ・ルファ。
例によって僕の手の垢をエサにしました。

ノシャップ岬・水族館・ナマコ.jpg

ナマコだっけ?ウミウシだっけ?

ノシャップ岬・水族館・ナマズ?.JPG

ナマズの一種だったかなぁ…。
ヒゲがやたらと多いのですが。

ノシャップ岬・水族館・ミズダコ.jpg

一瞬なんだかよくわかりませんが、奧の壁にタコが張り付いています。

ノシャップ岬・水族館・回遊水槽.jpg

この施設で最大の水槽、円形の部屋のまわりを一周する回遊水槽。
多数の魚が勢いよく泳いでいます。

ノシャップ岬・水族館・ウツボ.jpg

ここではよその水族館では穴の中に潜んで動かないことが多いウツボが泳いでいるところが見られます。

他にも金魚が何種類もいたり、デンキウナギがいたり(写真失敗しました…)。
小型魚が中心ですがいろいろな形の魚が見られます。
空いているので一種類ずつじっくり見られるのもいいかも。

まぁ…大型施設、たとえば美ら海水族館と比べると建物内延べ床面積が20倍くらい違うので、
じっくり見ていかないとあっという間に出口についてしまうのですが…。

〜〜

【ノシャップ寒流水族館】
http://www.city.wakkanai.hokkaido.jp/sisetu/suizokukan/
開館時間:09:00〜17:00(夏期)/10:00〜16:00(冬期)
休館日:4月、年末年始
入館料:400円


タグ:北海道 稚内
posted by MAX CARTER at 10:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | 水族館
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
・サイズの大きな写真は複数の写真を並べて合成したものなので、接続部で色合いが違う・わずかなズレが生じている・全体的に湾曲していることがあります。
・このブログは個人が旅行・見学の感想を書いているものであり、記事中に登場する各施設の公式なコンテンツではないことはもちろん、記事中に明記されていない限り各施設を運営する団体・職員とも一切関係ありません。
・価格、所要時間、展示内容その他記事中で紹介されている事項は変更されている場合もあります。必ず各施設の公式サイト等でご確認の上、お出かけください。
・本ブログ記事の情報を利用したことにより直接的あるいは間接的な損害が発生したとしても、当ブログ著者・サイト管理者は一切責任を負いません。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。