2010年08月28日

旭山動物園

北海道旅行8日目。

旭川駅前からバスで旭山動物園へ。
開園時刻の10分ほど前に到着したのですが、ゲート前が長蛇の列。
さすが、北海道のみならず全国でももっとも人気のある動物園です。
しかも今日は8月最後の土曜日。混雑しないわけがないですね…。

とはいえ、開場してしまえば案外列が進むのは速く、
また入ってしまえば広い敷地に人が分散してしまうので、のんびり歩き回ることができます。


とりあえず空いていそうだったチンパンジー館から。

旭山動物園・チンバンジー.jpg

旭山動物園の特徴は『行動展示』。
これは動物の生態・行動を自然に近い状態で見せるというもの。
そのため、たとえばこのチンパンジー館では木を思わせる上方に向かって広がった構造を展示室の中に設置してあります。これにより、チンパンジーが枝から枝へと器用に飛び移っていく様子がよく観察できます。

旭山動物園・チンパンジー館.jpg

展示室の周りをぐるっと周りながらのぼっていく通路から観察できます。
これはほぼ最上端から展示室内を見下ろした状態。
公園の遊具のようにも見える構造ですが、非常に活発にチンパンジーたちが動き回っています。

旭山動物園・チンパンジーの森.jpg

チンパンジー館の庭部分、通称【チンパンジーの森】。
ここもチンパンジーの行動する空間になっています。
通常の『通路から展示室や檻の中を見る』形式とは逆に、上半分がガラス張りの通路の中から外にいるチンパンジーを観察することになります。
少し待てば通路のすぐ近くまでやってくるチンパンジーもいて、間近で観ることができます。

〜〜

旭山動物園・ワオキツネザル.jpg

ワオキツネザル。
この檻にも多数の枝木が設置されていて、樹上で生活するサルの行動を垣間見ることができます。

〜〜

旭山動物園・オランウータン舎.jpg

オランウータン館。
ここもチンパンジー館と同種の構造が取り付けられています。部屋の高さは7m。さらに多数のロープやネット(ハンモック?)が取り付けられているのが特徴。壁にもロッククライミング施設のようなでっぱりが付けられています。
またチンパンジー館の展示室と違いガラス窓などで密閉されていません。

旭山動物園・オランウータン.JPG

そしてオランウータン館の名物はこの空中散歩。
ときどきオランウータン館とその近くにある【空中遊技場】を結んだこの橋をオランウータンが渡っていくのです。橋の高さはビル3、4階くらいかな?
いつ渡るかはオランウータンの気分次第…ときどき飼育係が、その時オランウータンがいるのと反対側にエサを置いて空中散歩を促しますが、無視されることも(苦笑)
この橋の真下は見学者の通路。そのため『渡りはじめたら真下にいかないように』との注意書きが。

僕が見ていたときも、オランウータンが渡りきるまでの間に柱の上でオシッコはするはウンコはするわとお行儀の悪いことこの上なし。もっともギャラリーにはそのほうがウケルのですが。

〜〜

旭山動物園・猿山.jpg

こちらはニホンザルの猿山。
普通の猿山より『遊具』が多いですね。

旭山動物園・ニホンザル.JPG

この猿山を別の角度から。
のぞき窓の正面で毛繕いをしているサルたち。
見ている間に多数が集まってきて大毛繕い大会に。

〜〜

旭山動物園・クモザルとカピバラ.jpg

クモザル。
同じ檻内にカピバラを混合展示。
まったく異なる種類の動物を1つの檻に入れているのは珍しいですね。

それにしてもカピバラ、でかい…。
ネズミの一種ですよね?

〜〜

旭山動物園・テナガザル.jpg

テナガザル。
雲梯のような構造を手でぶら下がって移動するのが見られます。
サービス精神旺盛…というわけでもないのでしょうが、個体数が多いせいか見ている間に何往復もしていくのが見られます。
これも高さが10以上ある施設なのですが、猿たちはなんの苦もなくすいすいと動いています。
タグ:北海道 旭川
posted by MAX CARTER at 10:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 動物園
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
・サイズの大きな写真は複数の写真を並べて合成したものなので、接続部で色合いが違う・わずかなズレが生じている・全体的に湾曲していることがあります。
・このブログは個人が旅行・見学の感想を書いているものであり、記事中に登場する各施設の公式なコンテンツではないことはもちろん、記事中に明記されていない限り各施設を運営する団体・職員とも一切関係ありません。
・価格、所要時間、展示内容その他記事中で紹介されている事項は変更されている場合もあります。必ず各施設の公式サイト等でご確認の上、お出かけください。
・本ブログ記事の情報を利用したことにより直接的あるいは間接的な損害が発生したとしても、当ブログ著者・サイト管理者は一切責任を負いません。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。