2010年08月27日

ガラス細工体験

【石の家】からの帰り道では、途中で【富良野オルゴール】なる店にちょっと寄ってみたり…
なんだかんだで歩く時間も無駄にはしなかったよな…。

〜〜

麓郷バス停まで戻ったのはほぼ正午。
ええと、駅に戻るバスは…

やっぱり13:55発しかないか。さて2時間もここでどうしようか。

【拾ってきた家】の近くにライダー向けとして有名な食堂があるらしいので、そこで昼食にしようかと思って歩き始めたところ…

【グラスフォレスト麓郷】

なる看板を発見。
ちょっと覗いてみることにしました。

富良野・ガラス工房.jpg
名前の通り、ガラス細工の専門店です。
数百円程度の小さな土産物から、数十万円する大型の物まで様々。

さらに…

『ガラス細工体験』

のチラシを見つけて、やってみることにしました。

ガラスを解かして細工する本格的な物もあったのですが、さすがにそれだと時間がかかりすぎるので…

ガラスのチップを貼り付けて絵を完成させる『クリスタルコラージュ』に挑戦。

富良野・ガラス細工4.jpg

体験開始〜。
フレーム、デザイン(絵の輪郭になる部分はハリガネですでに作ってあります)を選択。

フレームは木製のしっかりした物を選び、
デザインは富良野らしくラヴェンダーの花でやってみることにしました。

ガラスチップは何色をどれだけ使ってもOK。

富良野・ガラス細工1.jpg

これが材料。
台紙と枠の型紙、ハリガネで作られたラヴェンダーの茎と葉の骨組みパーツ。

まず台紙に、型紙にあわせて印をつけます。

富良野・ガラス細工2.jpg

台紙の上にハリガネの骨組みパーツを並べ、接着します。
この時点で構図が決まります。

ピンセットを使う細かい作業です。

富良野・ガラス細工3.jpg

その上からガラスチップを乗せ、接着剤で固定していきます。
ラヴェンダーを選ぶ人が多いのか、緑系と青〜紫系のチップが充実していました。

普通は30〜40分程度で終わらせてしまうそうですが、
僕はインストラクターの人と喋りながら1時間以上使って完成。
つーかそもそも2時間潰すのが目的なんだし。
体験中の写真を撮ってくれたのもインストラクターさんです。

富良野・ガラス細工完成.jpg

完成!


価格はフレームの種類によって変わります。
僕が選んだ蓋付き木製フレームは2000円。
一番安いものは厚紙製で850円です。さすがに紙製はちょっとチャチな感じがしますが。

〜〜

富良野・ひやし甘酒.jpg

こんどは逆に昼食をとる時間がなくなってしまいましが、
拾ってきた家前の売店で北の国から記念グッズを購入してバス停近くの店で一休みして、
ようやく富良野駅方面へ…。

〜〜

【グラスフォレスト】
http://www.furano-glass.jp/
『体験工房』のページにラヴェンダーの作例写真が載っています。




大きな地図で見る
posted by MAX CARTER at 12:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 体験
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
・サイズの大きな写真は複数の写真を並べて合成したものなので、接続部で色合いが違う・わずかなズレが生じている・全体的に湾曲していることがあります。
・このブログは個人が旅行・見学の感想を書いているものであり、記事中に登場する各施設の公式なコンテンツではないことはもちろん、記事中に明記されていない限り各施設を運営する団体・職員とも一切関係ありません。
・価格、所要時間、展示内容その他記事中で紹介されている事項は変更されている場合もあります。必ず各施設の公式サイト等でご確認の上、お出かけください。
・本ブログ記事の情報を利用したことにより直接的あるいは間接的な損害が発生したとしても、当ブログ著者・サイト管理者は一切責任を負いません。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。